むく太郎

世の中に数多く存在する折りたたみチェア。 もう目移りの連続ですよね。

そんな中から、最近ぼくが選んだのはとびきりコンパクトなこのアイテム

「早い・安い・コンパクト」という、分かりやすい三拍子を揃えたなかなかのスグレモノです。

どこにでもいっしょ

まさに「どこでもイス」といった具合で、持ち歩きに困らないamabroの「ミニフォールディングスツール」。

amabro ミニフォールディングスツール

耐荷重は約80kgと、華奢そうにみえる本体からは想像できないほどタフな作りになっています。

これがあると、外遊びで疲れた時に、貴重な骨休めの場を提供してくれるんです!

組立はフレームを開いて固定! そんだけ

スチール製のフレームを開くだけでコンパクトだけど、十分使えるイスが出現。

横W30cm×高さ28cm×奥行き19cmと、私のような成人男性でもきちんと使うことができます。

写真のようにフレームステーをはめるのが少し固いけどね。

そりゃ話もヒートアップしますよ

週末は、車で近場の河川敷までいき、辺りを妻とぷらぷら散歩するのがお決まり。

ちょっとした休憩のつもりでこれに腰かけてみれば、いつのまにか長々とアツく語り合ってしまうことも……。

それもこれも、意外と安定した座り心地のおかげなわけで

私はこういう時に備えて車に積み込んでいますが、場所を取らないというメリットも◎。

ここも大切なところ

このスツールの良さは、何も機動性や収納性だけじゃないんです。

2,000円台で購入できるというのも間違いなく嬉しいポイント。

色違いをペアで持っていておくのも素敵かな、と思ったり。

片付けはいつもコンパクトに

使わないときは、付属のポーチにサッと収納。

ポーチ収納時は、横21cm×高さ23cm×厚み5cm。

夏フェスとか荷物の多いレジャーでも手を煩わせないサイズ感が重宝してます。

残念なところ:横揺れに弱い

ちょっと残念なところは、横からの揺れに弱いところ。

構造上、フレームが折りたためるため、重心を傾けると、若干ぐらつくのでご注意。

このミニマムさ、ぜひ

収納するとこんなにかわいくコンパクトに。

いよいよ暑さも本気度を上げてきました。

この夏、外の遊びを快適に過ごすチェアを探しているなら、「ミニフォールディングチェア」、けっこうイイ感じです。

ミニフォールディングスツール [amabro]

あわせて読みたい:


DIYブログ「SHIe」執筆者。 民家改装という大仕事に触れ、DIYの楽しさ・素晴らしさに気付き、のめり込んでしまった平成生まれのサラリーマンです。 そこから生活の仕組みを探し始め、ブログ「DIYサラリーマン・むく太郎EX」を2015年より執筆。 2017年ごろから、DIYでさまざまなチャレンジをし、人生が大きく変わっていく。 「どうやったら、今より、良くなるか」 これがぼくの「DIY」の軸。

feature

たくさんの荷物を持たず、構えず、身軽に爽やかにタウンを歩く。そんなイージーなライフスタイルをご紹介。さぁ「ミニマリスト」から「ミガリスト」へ!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking