sato

sato

1

最近トートバッグ買ってないな。

なぜならおそらく、ショップでもらったエコバッグが大量にあるから……。

でも、いっぱい買った時なんかはヒモがちぎれそうだし、エコバッグ以外の選択肢もあるはず!

こんな大きいトートバッグ初かも

patagonia オールデイ・トート ¥5,184(税込)

と、本気でトートバッグを探して、patagoniaで見つけたのがこちら。

正式なサイズは、43x20x43cm。家にあるどのエコバッグよりはるかに大きいです。

これなら、かなりの量の荷物を受け入れてくれそう〜。

オンラインショップに残っているデザインは5タイプで、こちらは、Valley Flora Big:Bleached Stoneという柄。

では、さっそく買い出しにGO!

地元が逗子・葉山エリアなので、まずは鎌倉野菜の直売所へ。

見るからに元気そうな夏野菜を3袋分。結構買ってしましましたが、すっぽり収まっています。

続いてスーパーへ。こういったパッケージングされた商品は、そのまま直で。

ガバッと開くので詰めやすいです。

買い出し終了〜。野菜の飛び出しさえ注意すれば、スーパー帰りの生活感が皆無

このままオシャレなカフェにも寄れちゃいますな。

重みに耐える工夫

ちなみに、生活感あふれる購入品はこちら。

さすがにかなり重かったです。が、重いものに耐える頑丈さこそ、このトートのポイントなんです。

底は生地が2重になっていて、三角マチで重さを配分する作り。

持ち手も補強済みで、肩掛けできる長いタイプと短いタイプが付いています。

あるとないとじゃ大違いなポケット

内側にはポケットが1つ。これも地味に便利。

これまではバッグに忍ばせたエコバッグを使う時に出すというスタイルでした。

でも、このオールデイ・トートならポケットに小物を入れてこのトートでお出かけすればよいワケです。

まさにオールデイ

日常の買い物以外にも、いろいろ使えちゃいます。

たとえばキャンプに。3人分の着替えが難なく入る収納力。

中は丸見えですが、いつもスタッフバッグに分別してから荷造りしているので問題ナシ。

むしろポンポン物を入れられて、すぐに探せるので便利です。

何より……!

ビッグなトートって、なんだか持つだけでオシャレ感……。

う〜ん、毎日使ってしまう勢いです。

残念なところ:パソコンは入れられないな

と、毎日持ちたいくらいなのですが、ライターの仕事柄ノートパソコンを持ち歩く日も多く……。

クタッとした布製なので、ケースに入れたとしてもガジェット類の持ち歩きには不向きかと。

ノートパソコンを持ち歩く日はバックパック、その他の日はオールデイ・トートと使い分けようかな〜。

エコバッグよりエコでは?

わたしがトートバッグとしてpatagoniaを選びたい理由。

それは端切れを削減するプロセスを採用したキャンバス地だったり、フェアトレード・サーティファイドの縫製だったりと、環境や人への思いやりも忘れないから。

汚れたら洗えばOKだし、頑丈で長く使える点もエコですよね。

わたしはエコバッグをもらっても溜め込んでしまいがちなので、これからは頑丈でビッグなトートを一つ、長〜く使っていきたいな。

オールデイ・トート[patagonia]

あわせて読みたい:



sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking