スムージーを作る女性

手軽に野菜や果物を摂取できる、スムージー。もはや定番となりつつある、朝食メニューのひとつです。

今回は、貧血予防・便秘解消・美肌の3つの目的別、スムージーに入れたい食材を紹介します。

スムージーで不足しがちな栄養素を摂取

スムージー

毎日、野菜をたくさん食べたくても、それって意外と大変。でもスムージーなら、苦手な野菜や果物も摂取しやすくなります。野菜不足になりがちな食生活をサポートしてくれるスムージーですが、魅力はそれだけではありません。

加熱に弱い栄養素も、グリーンスムージーではしっかりと摂取できるところもうれしいポイントです。現代人はビタミン、ミネラル、食物繊維等などが不足しがちだと言われていますが、スムージーではそれらの栄養素がたっぷりと含まれているため、普段の食生活に上手に取り入れて補いましょう。(「DietPlus」より引用)

では体調に合わせて、もっと効果的に摂取するにはどうしたらいいのでしょうか?

貧血予防におすすめの食材は?

ほうれん草

多くの女性が悩む「貧血」を予防してくれる食材も、スムージーにすることで手軽に取り入れることが可能に。おすすめの食材は、「ほうれん草」と「小松菜」です。

血液の元となる鉄分は、ビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップしますが、ほうれん草も小松菜も、鉄分とビタミンCの両方が含まれています。

さらに、小松菜にはカルシウムも豊富に含まれているため、ストレス緩和や骨粗しょう症予防にもおすすめです。(「DietPlus」より引用)

そのままはちょっと苦手という人でも、フルーツなど飲みやすい食材と一緒にトライしてみて。

便秘解消には、食物繊維+菌を

ヨーグルトとキウイ

便秘に悩んでいる人には、スムージーはおすすめの飲み物だそう。なぜかと言うと、野菜や果物にはたっぷりの食物繊維が含まれているから。

また、乳酸菌を含む「ヨーグルト」を加えると腸内環境の改善が見込め、便秘解消につながりますよ。(「DietPlus」より引用)

ほうれん草やキウイフルーツなど選べる食材が多いと、毎日異なる組み合わせを楽しめそうです。ヨーグルトで味がまろやかになるのもいいですね。

美肌を狙うなら、ビタミンC!

柑橘類

スムージーで美肌を目指すなら、言わずと知れたビタミンCを摂取することがおすすめだそう。

ビタミンCが多く含まれている食材には、「ベリー類」や「柑橘類」があります。どちらも他の食材と合わせやすいですよね。(「DietPlus」より引用)

しかし、柑橘類には、強い紫外線により皮膚細胞を傷つけてしまう成分に変化する光毒性があります。この光毒性がシミの一因になり得るので、朝食に取るのは控えるのがよさそう。

食べ過ぎた翌日や、不足しがちな栄養素を補いたいときなど、毎日の食生活に上手にスムージーを取り入れてみましょう。

ただし、体を冷やしてしまうこともあるので、体を温めるメニューと一緒に摂ることをおすすめします。

スムージー生活をはじめよう

Diet Plus

image via shutterstock

Ranking