ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

3

身軽を叶えてくれるコンパクトなポーチや、大容量のバックパック……。

シーンに合わせたバッグはいくつあっても必要なもの。

そんなROOMIEライターたちが購入したバッグの中から、3つをROOMIE編集部がピックアップしちゃいます!

ほぼベルトなのに収納力が…!?

中川政七商店「TO&FRO HIP BAG」4,536円(税込)

できれば手ぶらで行きたい、ランニングやウォーキング。

そんなシーンにぴったりなのが中川政七商店の「TO&FRO HIP BAG」。

一見ベルトみたいですが、実はヒップバッグなんです。

とはいえ、必要なものがどのくらい入るのか?

なんとぐいーんと約2倍に伸びて、容量は約1リットルに!

500mlのペットボトルに、財布、日焼け止めなどがすっぽり入っちゃいました。

夏場は特に水分補給が欠かせないので、これはうれしい……!

生地のストレッチ性は、身体へのフィット感にもひと役。

ベルトが太くしっかりしているので、荷物を入れてもウエストでぐらつきません。

小さくまとまるので、普段使いはもちろん旅行バッグや仕事バッグに忍ばせておくのもよさそうだな〜!

詳しくはこちらから↓

バックパックにプラスしたい四次元ポケット

THE NORTH FACE「フロントアクセサリーポケット」7,020円(税込)

大容量ではあるけれど、荷物が取り出しにくいのがバックパック……。

THE NORTH FACEの「フロントアクセサリーポケット」なら、必要なときに小物をサッと取り出せますよ。

小さなクリップが付いているので、バックパックのショルダーストラップに付いているD環などに連結可能

四次元ポケットのように、必需品の収納場所を増やすことができるんです。

いちいちバックパックを下ろさなくても、財布やスマホなどの小物へ瞬時にアクセス

容量は2.5Lと、必要最低限のものがしっかり入りそう。

ちょっとめずらしいのが、マップを格納しておける専用のクリアケースが付いているところ。

アウトドアやテーマパーク、旅行なんかに持っていけば活躍すること間違いないですね!

詳しくはこちらから↓

これは「着る収納」だ!

COLL OF THE WILD「キャンパーパックベスト」5,292円(税込)

こちらは、COLL OF THE WILDの「キャンパーパックベスト」。

えっ、ベスト!?と思いきや……

大容量のポケットがついたパック兼ベストなんです!

スマホのモバイルバッテリーやWi-Fi、読みかけの文庫本だってこの通りしっかり収納。

ほかにも、サングラスなど小物を入れるのにちょうどいい縦長のポケットがついていたり……

背中部分まで、がっつり大きいポケットに!

上着や羽織・雨具を入れられるので、いざというときにはガバッと取り出し、ベストの上から羽織っちゃえばOK。

本来はアウトドア用のアイテムですが、街歩きに使うのもかなりアリ。

まさに「着る収納」とも言えるバックベスト、究極の身軽アイテムなのでは……!?

詳しくはこちらから↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking