マツカ

マツカ

同居の妹がついに一人暮らしで旅立ってゆき、ようやく私の生活も復活。

お下がりとして持たせた炊飯器の代わりをと、Amazonを巡り探し当てたものが……

私 meet 電気圧力鍋

siroca「マイコン電気圧力鍋 クックマイスター」12,980円(税込)

たまたま、電気圧力鍋だったのです。

米が炊けさえすればいいのだけれど、他にも色々簡単に作れるんだあ……へえ……、なんて疲れ眼でポチポチしていたことが伺えますね……。

ガス式の圧力鍋は実家で目にしていたものの、自分で調理に使ったことはなく、いまいち利点が掴めていませんが、ともあれ。

引越しの手伝いを終えた私に必要なのはカロリー。シャワーを浴びつつ、白米を待つのだ。

風呂を待たずして、米は炊ける

OMG……(お米 めっちゃ 元気)

( た、炊けてる…… どうなってんだ……?? )

艶めく白米をかき混ぜつつ、圧力鍋初心者の頭の中は「??」でいっぱい。

圧力表示ピンが下がり切るのを待っても、出来上がりまで10分くらい

何かを悟った私はそっとバスタオルを下ろし、すぐさま豚バラブロックを買いに走りました。

調子に乗ってもう一品

帰宅後、わずか30分。私の目の前には実家でも滅多に見なかった豚の角煮。うまい、うますぎる。

電気圧力鍋を使えば、こんな簡単に贅沢を……。いや何より、あっという間

SF映画の、すぐ料理が出てくる電子レンジ的機器……、あれを彷彿とさせる使用感です。知らぬ間に、既に未来を生きていたのか……?

残念なところ:フタを開ける際の一手間

炊飯器と比べて手間を挙げるとすれば、フタが取り外し式なところ、でしょうか。

開くたびにフタを置くスペースを確保する必要はありますが、逆に手入れはしやすいのかもしれない。

あとは、フタを開く際には火傷防止でミトン必須。気を張るとしたらこのくらいですね。

使いやすい豊富な機能

8種類用意された基本メニューに加えて、自身で加圧時間を変えられるお好みモード、スロークッカーモード、保温機能、タイマー機能も付いています。

本体と一緒にレシピブックも付いてくるので、圧力鍋って何ができるの?という私のような初心者でも安心して調理できるのです。

材料を入れたあとは、火加減を見たり、具をかき混ぜたりという手間や拘束時間もなく、放っておくだけ。

料理なんて面倒という学生から、時間のない社会人、立ち仕事のつらいおばあちゃんまで、幅広く生活のパートナーになり得るぞ。

老若男女よ、電気圧力鍋を買うのだ。

マイコン電気圧力鍋 クックマイスター[siroca]

あわせて読みたい:


マツカ

函館生まれ、ときどき写真屋。 お酒のために体づくりを始めました。

feature

増税、それは恐怖。溢れんばかりのモノへの愛にブレーキをかけ、カートに入れていたモノさえも欲しいものリストに戻してしまう…。そこで今こそ、「増税前、コレは買い!」なモノを、ROOMIEスタッフの私物から特集します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking