林 美由紀

林 美由紀

最近、紙に何かを書くことがめっきり減ってしまっていて……。

でも、真っ白い紙に向かって、線を描き、文字を書くことでアイデアがまとまったり、形が見えてくることもあるんですよね。

そんな行程を手助けしてくれる便利なツールがあるの、ご存知ですか?

TENTの新ツール

あの象印とのコラボでも話題になったクリエイティブユニット「TENTが、気になる新ツールを発表したみたいです。

2017年に自社のWebサイトのみで販売し、2日で3,000個を売り上げたHINGE(ヒンジ)シリーズから、よりプロフェッショナル向けに開発された「HINGE PRO」が登場したんです!

A4コピー用紙を、アイデアを膨らませる真っ白いキャンバスにしてくれる道具……一体どんな進化があったんでしょうか。

そもそも「HINGE」とは

「HINGE」は、ありふれたコピー用紙をスマートな仕事道具に変身させるツール。

360度開く独自の折り曲げ加工が採用され、フタを360度ひらけば、シート材が下敷きになり、どこでも筆記することができます。

ノートと違って綴じられていないから、ページの制限や順番に制限されることなく、アイデアを自由に並べて推敲することができそうですね。

開いて1秒ですぐにアイデアを書き留めることができるので、スマホやPCのようにバッテリーの残量などを気にすることも無く、机の上でも立ったままでも使えます。

よりプロ志向「HINGE PRO」

そんな「HINGE」が進化して、イラストやスケッチなど、より幅広い用途に使用できるようになった「HINGE PRO」。

HINGEの約2倍の厚みの硬いシートが採用され、筆記時の歪みが少なくなりました。

四角穴ペンホルダーが採用され、固定できるペンの種類も増えたみたいです。

用紙の収納量はなんと約2倍に!

最大40枚のコピー用紙を収納できるようになりました。

これなら残り枚数を気にせずのびのび筆記できそうですね〜。

使いやすさはそのままに、より進化した「HINGE PRO」。

いつでもどこでもササっと取り出してアイデアを書き留められるアイテムって、意外とありそうで無かったんですよね〜。

もしかして、手書き派にとってはiPadより便利なのでは……?

持ち歩いているだけで、なにか新しいアイデアが湧いてきそうな予感です!

HINGE PRO [PRTIMES]

あわせて読みたい:


林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking