林 美由紀

林 美由紀

4

コンビニなんかでもおいしいコーヒーを買える時代になったけど、今度はいつでもどこでもコーヒー豆を挽ける時代が到来しそうな予感!

コーヒー器具ブランドのあのHARIOの電動グラインダーがなかなか良さそうなんです。

電動ハンディグラインダー

挽きたての豆で淹れたコーヒーはおいしい。

でも、わざわざグラインダーを持ち歩くのも面倒だし、手でゴリゴリハンドルを回すのも結構時間かかるんですよね〜。

HARIOの新しい「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」なら、そんな面倒臭さともオサラバできそうですよ。

電動グラインダー部分をコーヒーミルの上に装着して「ON」ボタンを押すだけで、手軽に一定粒度のコーヒー豆を挽くことができます。

粗さ調節ツマミもついているので、細挽き、中細挽き、中挽き、粗挽きとコントロールすることもできますよ。

どこでにも持っていけるな〜

リチウムイオン蓄電池式で、36mm角×高さ180mm、重さ約307.5gとかなりコンパクトな設計。

リュックやバッグの隅にサッと入れておけるサイズですね。

電動ながら携帯性が高いので、アウトドアやホームパーティーなどに持って行けば、その場でササッと豆を挽いてコーヒーを淹れることができちゃうんです。

ホームパーティーで豆からコーヒーを淹れるの盛り上がりそうだな〜!

現在、クラウドファンディング「Makuake」にて資金調達中ですが、すでに目標額の400%を達成……注目度が高い!

出先でコーヒー豆を挽いて、醸し出されるあの香ばしさの中に身を置く。

ああ、これは至福の時だな……。

HARIO「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」 [Makuake]

あわせて読みたい:


林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking