こんにちは!バイクキャンパーのmasaです。

いよいよ梅雨も明け、本格的なアウトドアシーズンの到来ですね!

キャンプの楽しみのひとつでもある食事。せっかくなら、料理にあわせたお酒も楽しみたい

アウトドアでもワインを飲もう

HIGHMOUNT「アウトドアワイングラス」2,040円(税込)

私がハマっているのが、キャンプで飲むワイン

最近ではペットボトルやノンアルコール、ワンコインのワインなど種類もさまざま。

実は缶のアルコールを何本も持っていくより、軽くてリーズナブルだったりするんですよね。

(ワインは全くど素人なのですが……。)

そんなシーンに持ってこいなのがこの「アウトドアワイングラス」!

このグラス、実はガラス製ではなくPCTG樹脂とポリカーボネート製

高い透明度がありながら、割れにくくとても丈夫なので、まさにアウトドアにピッタリなんです。

持ち運びだってラクラク

頭部と脚部が分割できるのが、普通のグラスとちがうところ。

使用するときや収納するときはマグネットでとまり、外れない工夫がされてるんです。

分割時は脚がグラスの中に収まるので、小さくなって持ち運びにも便利

専用ケースが付属しているので、破損の心配ナシ。衛生面でも安心ですね。

これならザックの隙間に放り込んで持っていけますよ!

定番料理も一味ちがった味わいに

ワインって、思いのほかキャンプ料理に向いているみたい。

たとえば定番のBBQですが、肉を焼くなら赤ワイン

釣った川魚や魚介類には白ワインが合いますね〜。

スモーカーを持ち込むなら、スモークチーズをおつまみにしたらもう最高だ……!

グラスひとつで気分はグランピング!

料理の味わいは、場所やうつわによって織りなされる雰囲気で変わるもの。

テーブルクロスを敷いて、グラスにワインを注げば、気分はもうグランピング

もちろん飲み物はお好みなので、ワインだけでなくビールやチューハイを入れてもOK!

グラスがテーブルを華やかにしてくれるうえに、なんだか缶のままより美味しく呑めるような……。

残念なところ:本格志向には物足りないかも

ワイングラスって意外と奥が深いもので……。

ワインの種類によってグラスの大きさやカタチがちがったり。

なので、本格志向の方にはちょっと物足りないかもしれません。

その分汎用性が高く、ビールなどワイン以外の飲み物にも気軽に使えるので、私は満足しています!

カジュアルかつ優雅なスタイル

ちなみに私の軽装モードの定番メニューは、バゲット、アヒージョ、ステーキ、ワイン、サラダ、スモア。

調理はグリルと小ぶりのスキレットだけで、鍋のセットなんかが不要なんです。

野菜を切ってサラダにしたら、カットしたバゲットをグリルで炙り、その後ステーキを焼きます。

グリルの上にスキレットを乗せ、オリーブオイルとチューブニンニク、アンチョビを入れたらアヒージョの完成!

グラスにワインを注げば、素敵な食卓のできあがり。

デザートは残り火で焼いたスモアとほろ苦いコーヒーで。

あえて炊飯しない簡単メニューのキャンプでも、のんびり優雅に過ごせます。

今年のキャンプはワイングラスを持って、カジュアル優雅なスタイルで行ってみましょ。

アウトドアワイングラス[HIGHMOUNT

あわせて読みたい:


Ranking