古谷 真知子

古谷 真知子

2

近所の公園や地元の花火大会など、ちょっとそこまで……な街中レジャーへ、冷たい飲み物や食べ物を持っていきたいことありますよね~。

本格的なクーラーボックスは重いし、さすがに保冷バッグでは心配……!

そんなシーンにちょうどいいクーラーボックスがありました。

普段使いに丁度イイ!

WholeEarthの「ミニクーラー6」1,290円(税込)

WholeEarthの「ミニクーラー6」は、重さ約880g約27×20.5×18cm

容量は5Lと、コンパクトな簡易クーラーボックスです。

子どもと水遊びに公園のじゃぶじゃぶ池に行ったり、ビールやチューハイなどの飲み物を持って花火大会に行ったりする際に、丁度いい大きさなんです。

日常で気軽に持ち歩けるクーラーボックス! 意外となかったな~。

どのくらい入るの?

容量5L……と言われてもピンと来ませんよね。

実際に缶とペットボトルの飲み物を入れてみました。

350ml缶なら6本500mlペットボトルなら4本が余裕で入ります。

これだけだとちょっとスカスカしているように感じられますが、この隙間に保冷剤を入れればピッタリフィットして、中のものがガタガタ庫内でぶつかることもありません

フタを反転すると簡易テーブルになる!

このミニクーラー、実はフタ部分を反転させることで簡易テーブルになるんです。

フタ裏部分にあるくぼみは、なんと缶用ホルダーに。

通常のクーラーボックスよりも、缶が倒れにくい設計なっています。

かゆいところに手が届くとはこのことだ~!

残念なところ:密閉ではないみたい……

本格的なクーラーボックスのように密閉構造ではないため、直接氷を入れて冷やした場合には、溶けた水が漏れることがあるようです。

保冷剤で冷やすのが良さそうですね。

コンパクトで持ち運びも楽々~

ちょっと大きめのランチ保冷バッグ程度なサイズなので、街レジャーのお供に色々なシーンで活躍してくれます!

野球、サッカー少年の保護者の皆様にもおすすめですよ~!

あわせて読みたい:

古谷 真知子

中学生男子と小学生女子、二児の母。 主婦業の傍ら、親子でお料理を楽しむ食育教室を開催。 自他共に認める食いしん坊。食べるために、ひたすら歩く。魚食推し。掃除は苦手。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking