マツカ

マツカ

1

梅雨明けまだかな……なんて、未だ湿気のこもる部屋の中で過ごす日々。

とはいえ晴れ間の多い日も増えてきて、出かけないのはもったいない気がしますよね。

気晴らしの外出をもうちょっと楽しむのに、この子が活躍してくれるのです。

小さいだけ、じゃないんだぜ

BRISUN「アウトドア携帯式ピクニックシート」980円(税込)

BRISUNの「アウトドア携帯式ピクニックシート」は手のひらサイズの軽くて小さい、持ち運びやすさに長けたレジャーシート。

……というだけではないのだ。

根っからのインドア派の私が、散歩のついでからピクニックの楽しみに目覚めたのも、この子のおかげ。

携帯しやすさゆえに、普段ならシートを持ち歩かないような場面でも活躍してくれる、困ったときの味方的存在です。

小さい・軽い・でもサイズは十分!

収納時のサイズは約7.5×5cm、重さは35gと、ミニバッグどころかポケットにだって余裕で収まるサイズ感。

肝心のシートも小さいのでは……?と思わせておいて、広げてみると……

110×70cmと、大人2人が十分に座れるだけの広さに!

一人でゴロゴロするのにもちょうどいいサイズです。

収納ケースも失くさない仕組みに

シートと収納ケースは繋がっていて、ケースがなくなる心配もありません。

薄くてやわらかい素材なので、急いでいたり、畳むのが面倒なときは、ケースにくしゃっと押し込んでしまってます。

防水加工で雨にも負けず

海辺やプールサイド、雨上がりの地面にも気軽に広げられる防水仕様がありがたい。

突然天候が崩れた際には、マントのように羽織ったり、風呂敷のように使って雨をしのぐことも。

防災グッズに入れておいても活躍してくれそうですね!

残念なところ:強風には弱いのだった…

軽く、薄く、収納しやすい代わりに、儚くも風には飛ばされやすいのです……。

四隅を押さえるためのペグなどが付いていないので、常に荷物を乗せておきましょう。

生活の中に、ピクニックが増えていく

ソロピクニックでキメる、スタバの新作のうまさよ

元々は、イベントの待機時間パレードの観覧席用にと、荷物としてかさばらないものを探していたのですが……。

混み合う店内の席を待つより、外の公園で飲むコーヒーと読書の心地よさに、まんまと味を占めてしまったのです。

突然の雨にも、予想外の晴れ間にも対応できるシート、今では普段使いのバッグの一員です!

アウトドア携帯式ピクニックシート[BRISUN]

あわせて読みたい:


マツカ

函館生まれ、ときどき写真屋。 お酒のために体づくりを始めました。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking