むく太郎

各オーディオメーカーから展開される、昨今のBluetoothスピーカーはハイスペックなモノが多い印象。

コンパクトさ、機能性、デザイン。いろいろ試す中で、思ったことがあります。

「あえて、ローファイなサウンドを楽しめる選択肢があってもいいような……」

レコードプレーヤー型Bluetoothスピーカー

何気なしに、探していたところにあったんです、いい感じに枯れた音を流す、Bluetoothスピーカーが。

こちらは、様々なユーモア商品を世に送り出しているタカラトミーアーツより展開されているレコードプレーヤー型Bluetoothスピーカー「昭和レコードスピーカー」

懐かしさと「とりあえずイジりたい欲」が自然と沸いてくるこのアイテムは、その見た目を裏切るワイヤレススピーカー

他のデバイスとペアリングさせて音楽が楽しめます。

しかもレコードプレイヤーと同じアクションもできるっていうんだから、アナログ好きな筆者としてはテンションが自ずと上がるわけで……。

ノスタルジックなデザイン

令和になったばかりですが、昭和に引き戻されたようなノスタルジックなフォルム。

付属のミニレコードを本体にセットして、針を盤面に落とすと回転し、そこから音楽の再生が始まります。

専用アプリでの再生なら、本体左の切り替えスイッチで回転数を変えることで、再生スピードも変化するという本物志向

サイズ感はスマホ同等

本体は縦13.5cm×横6.5cm×厚み4cmと、iPhone8とほぼ同じくらいのサイズ感

シングル盤、ソノシート、スタビライザーももちろん同梱というこだわりよう

持ち運びが容易な分、場所を選ばず使えるので他のBluetoothスピーカーと同じくらい利便性が高いのも嬉しい。

再生は専用アプリなしでもOK

ちなみに、専用アプリでなくとも再生は可能です。

ぼくは、Spotifyで昭和のヒット・ソングプレイリストをかけ流していますが、これがまたすごく合うんですよね……。

エッジが取れて、懐かしい丸みを感じるクリア過ぎない音を楽しんでいます。

ただし、専用アプリを使わない場合は、スイッチの動作が変わるのでご注意!

Spotifyで試したら、曲の頭出しとスキップがこのスイッチに置き換えられていて、少し混乱しました。

単4電池4本で駆動

このスピーカーは、単4電池4本で駆動します。しかも、ボルトで蓋はロックされる使用。

あえてバッテリー式じゃないのもこのアイテムの特徴。

そういえば精密ドライバーで使うの、なんだか久々な気がします。

残念なところ:モーター駆動音が気になるな…

モーターで盤面が回るため、その駆動音が再生音と同時に聞こえます。

再生ボリュームをうまく調整すれば、やや紛れる気もしますが、今度は音割れの原因にも。

良いも悪いもひっくるめて、アナログテイストを楽しみたい人なら、そこも味と受け入れてもらえるのではないかなと思います。

昭和プレイリストに合いすぎる

ドンシャリサウンドが主流の昨今のBluetoothスピーカー界隈。

そこに一線を画すこの「昭和レコードスピーカー」は、音を楽しむだけでなく、風情も一緒に感じられる

他にはない、ちょっとレトロでいい感じのBluetoothスピーカーです。

昭和レコードスピーカー[タカラトミーモール]

あわせて読みたい:


DIYブログ「SHIe」執筆者。 民家改装という大仕事に触れ、DIYの楽しさ・素晴らしさに気付き、のめり込んでしまった平成生まれのサラリーマンです。 そこから生活の仕組みを探し始め、ブログ「DIYサラリーマン・むく太郎EX」を2015年より執筆。 2017年ごろから、DIYでさまざまなチャレンジをし、人生が大きく変わっていく。 「どうやったら、今より、良くなるか」 これがぼくの「DIY」の軸。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking