masa

masa

3

こんにちは!バイクキャンパーのmasaです。

キャンプの荷物で意外とかさばるのが、食器類。(特にバイクは積載量が少ないので、悩みの種なんです……。)

クッカーからそのまま食べるのもいいけれど、せっかくならゆっくり食事を楽しみたい!

食器類はコンパクトに持ち運び!

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」2,800円(税別)

そんな葛藤をなくしてくれるのが、スウェーデンのブランドWildo.の「CAMP-A-BOX」。

弁当箱のように見えますが、蓋を開けると……

お皿、大小のカップ、スポーク(スプーン、フォーク、ナイフがひとつになったもの)、調味料入れ、まな板の7点がセットになっているんです!

これだけ入って、サイズは19×13×5cmとコンパクト。サイドバッグやタンクバッグにも余裕で入りますよ〜。

素材は軽くて丈夫な、BPAフリーのプラスチック製。

これさえあればアレコレ揃える必要もないので、荷物を減らしたい方にはもちろん、これからキャンプ道具を揃える初心者の方にもおすすめです!

軍採用のカップには秘密が…

実はこのメーカー、カップがすごいんです。

内側に折り込まれている部分をめくり上げるように広げると、カップに変身!

その機能性の高さから、ドイツやフランス軍などでも正式採用されているのだとか。

ベロっとめくれるやわらかい素材なのに、耐熱温度は125度と高め。コーヒーやスープも、熱いままおいしく飲めますよ!

食事を楽しめるたっぷりサイズ

実際に使ってみるとこんな感じ。

カレーとご飯を別々のトレーに入れて、大カップにサラダ、小カップにお水を入れても余裕がありました。

(カレーライスをひとつにして、もうひとつにBBQで焼いたお肉や野菜を入れる……なんてこともできそう!)

大カップはマグ位の容量があるので、デザートのカットフルーツなんかを入れてもいいかも。

ちょっと使いづらいイメージのスポークも、使ってみると意外と違和感なく使えました!

残念なところ:調味料入れは使いにくい

調味料入れは、3部屋に分かれたタイプ。

出口の穴の大きさが同じなので、粒の細かな塩などはドバーッと出てきてしまうかも。また、せまい方は調味料が入れにくく洗いづらさも……。

調味料を使うときは慎重に振りつつ、せまい方は使わないという選択もアリかもしれません。

まな板まで付いてるんだよね

食器だけでなく、まな板もセットなのが地味に助かる……。

このまな板、カドが細かい穴のメッシュ状になっているので、洗った野菜の水切りもできちゃいます。

バイクキャンプでザルは持って行きづらいので、このギミックはありがたいですね。

あのギアにシンデレラフィット!

ちなみにこのアイテム、キャンプの定番調理器具・トランギアのラージメスティンにすっぽり収まっちゃうのだとか。

手持ちのアイテムと組み合わせて使えるのはうれしいですね。

カラバリがたくさんあるので、ナイフと色を合わせたり……なんていうのも楽しそう!

今年の夏のキャンプは、このボックスを持って身軽にキャンプ飯を謳歌しましょう!

CAMP-A-BOX[wildo.]

あわせて読みたい:


masa

"Life is journey"が信条の旅人。読書は本の中への旅。転職だって企業の旅。若かりし頃、世界を周ってみて思った。何処かに行く観光旅行だけが旅じゃない。ここでは旅の中で出会った素敵なモノをご紹介できたら嬉しいです。今年のテーマはリトルカブでソロキャンプ!

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking