林 美由紀

林 美由紀

18

お部屋の明かりを選ぶ時、どこに置くかをまず考えなければいけません。

でも、そんな概念にを打ち破ってくれるいいフレキシブルなライト、見つけました。

フランスからやってきたアコーディオンライト

こちらの新アイテム「PÆRアコーディオンライト」は、特徴的なハンドル部と蛇腹構造によって、ニーズに合わせて変形するライトなんです。

蛇腹を畳んでハンドル部分をスタンドにすれば……

こんなふうに、テーブルライトとして使えます。

ライトの角度を変えられるため、手元に明かりがほしいときにも調整しやすそう!

そして蛇腹部分を伸ばすと……

本体全体がやわらかく発光して、空間を照らす間接照明に!

ハンドル部を家具に引っ掛けることもできるので、LEDランタン的な使い方もできそうですね。

目に優しい光はベッドサイドの読書灯としても活躍してくれます。

持ち運びOK

アコーディオンライトは充電式なので、持ち運びが可能なのも嬉しいポイント。

ある日はベッドルームで使い、またある日は、廊下で常夜灯として。

サッと手に持てば、懐中電灯のような役割も果たしてくれるという万能さ!

これ考えた人、すごくないですか!?

PÆRアコーディオンライト [PRTIMES]

あわせて読みたい:


林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking