ナガソクミコ

ナガソクミコ

ライターという職業柄、作業中に音楽をずっと聴いております。

スマホで手軽に聴くのもいいけれど、憧れのレコード生活の相棒は……このプレーヤーです!

レコード生活、はじめました

オーディオテクニカ「ワイヤレスターンテーブル AT-PL300BT」18,780円(税込)
※19/07/12 Amazonでの価格

普段はエレクトロニカやテクノなど……海外のダンスミュージックが好きで、いつもはApple musicで音楽を聞いています。

でも、これからずっと音楽を聞き続けることを考えると「レコードを集めてみたいな」とも。

東京から地元である北海道に戻ってきて、広い部屋に住めるというのも理由のひとつ。

スピーカー付きのレコードプレーヤーもかわいいものがあるんですが、もうちょっと渋めで、なおかつ使いやすいものがいいなと探していました。

そこで出会ったのがこのレコードプレーヤーだったんです!

Bluetoothって楽チンだな…

音楽系の家電って、ほぼ黒一色。

シックな色合いというのが難しいんですが、このレコードプレーヤーはネイビーとホワイトの2色展開。

絶妙なネイビーの色合いに惹かれて選びました。

でも、電化製品は見た目よりも使いやすさが大事だったりしますよね。

購入の決め手となったのは、Bluetoothで接続できるということなんです!

スピーカーやイヤホンなどすでにBluetooth生活を謳歌していたので、このレコードプレーヤーにはかなり興味を惹かれました。

音響機材に信頼のあるオーディオテクニカ製というのもいいですよね。

使い方もとっても簡単。Bluetoothでペアリングをしてこの青いランプが点灯したら、接続できた合図です。

接続されるまでに数十秒かかるのが、しいて言えば残念なところかな……。

針を落とす必要もなし

このプレーヤーには、フルオート再生という機能があり、スタートボタンを押せばレコードの回転がスタート。自動でレコードに針を落としてくれるんです。

勝手に再生してくれるので、これは便利〜。

もちろん、好きな曲のところに針を落としておいてもいいんですよ!

新しい音楽とも出会える

普段はPCで音楽を聴いているので、使うときにだけテーブルに置いて使っています。

聴くのはもっぱらリサイクルショップなどで発掘する100円レコードなど。

昔のロックやファンク、日本の歌謡曲などもチェックしています。

最近のお気に入りはこちらの2枚。

左のホットドックのジャケットのものは、ボブ・ジェームスの「H」というアルバム。1980年代のNYのもので、ジャンルでいうとフュージョンです。

右のレコードは、なんだかかっこよさそうだな〜と完全にジャケ買い。

クール&ザ・ギャングの「ワイルドアンドピースフル」。1960年代のファンクで、めちゃくちゃパワフル。

自分からは聴かないジャンルなので、レコードのおかげで知らなかった音楽に出会うことができるようになりました。

手軽にゆるく、はじめようよ

というわけで、「気分転換がてらにレコードを聴こう〜」くらいの軽いノリで、ゆるーくレコード生活を満喫中

これからは、好きなアーティストの新譜はレコードで買おうかな〜など夢は広がっていきますしね。旅先でレコードショップを覗くのも楽しみになりそうです。

憧れのレコード生活を手軽に始められるこのプレーヤー、オススメですよ!

ワイヤレスターンテーブル AT-PL300BT[オーディオテクニカ]

あわせて読みたい:


ナガソクミコ

1983年旭川市生まれ。高校卒業後東京にて、野外フェスのスタッフや自然食品店、古本カフェ、アウトドア雑誌編集部などを筆頭に、ありとあらゆるアルバイト経験。2016年に旭川市にUターンし、古い商店をリノベーション中。民泊×編集事務所「あさひかわ編集室」を主宰。Airbnbホストもやっています。https://www.airbnb.jp/rooms/20954739

feature

増税、それは恐怖。溢れんばかりのモノへの愛にブレーキをかけ、カートに入れていたモノさえも欲しいものリストに戻してしまう…。そこで今こそ、「増税前、コレは買い!」なモノを、ROOMIEスタッフの私物から特集します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking