髙阪正洋

髙阪正洋

3

1989年、カナダ・ノースバンクーバーで誕生した、ARC’TERYX(アークテリクス)

「最高のマテリアル、最高の技術、そして革新的なデザインで商品を作り上げること」をコンセプトに、広大で過酷なフィールドに囲まれた環境下で優れたプロダクトを生み出しています。

そんなARC’TERYXのアイテムから、「クラフトな遊び心地」を掲げるROOMIEが「コレはワクワクする!」と興奮したものを定期的にご紹介していきます。

今回は、アークテリクス原宿ブランドストアからお届け。

通勤・通学に! 都市生活者のためのポロシャツ

ARC’TERYX 「A2B ポロシャツ メンズ」 11,880円(税込)

「A2B」というのは、人間工学に基づいたシティライフ用デザインのこと。効率の良い動きを実現するための設計が、随所に盛り込まれています

そう教えてくれたのは、アークテリクス原宿の雨宮さん。

特にこのポロシャツは、サイクリングをはじめ、アクティブな都市生活に適したデザインが施されているそう。

たとえばトリムフィットの長めの丈は、自転車に乗ったときに背中をしっかり保護するためのもの

自転車乗りに向けた便利なディテールが採用されているのは、さすがタウンユースラインの「24シリーズ」といったところだね!

アウトドアにも対応できそうなつくりじゃないか!

脇下にはガゼットがついていて、複雑な動きに対応する耐久性のある設計に。

また、肩部分だけ生地が二重になっていてるのは「リュックなどを背負ったときに、衣擦れによって生地が傷んでしまうのを防止するため」とのこと。

自転車通勤や通学をはじめ、都市で暮らす毎日だけじゃなく、軽いアウトドアにも着ていけば、より楽しくなりそうだ!

アークならではの素材使いにうっとり

ところで、「ARC’TERYX」と「ポロシャツ」って、いまいち結びつかないというか、高機能高品質がウリのARC’TERYXが作るカジュアルウェアって想像しにくいところです。

なにが特徴なの?と訊くと、ズバリ素材に魅力あり、と雨宮さん。

ポリエステルとメリノウールの混紡ニットが採用されていて、さまざまな気温に幅広く対応するんです!

基本的に、化繊は吸湿速乾性が高い分、肌の気化熱をすぐに奪ってしまい、体が冷えてしまいます。

でも、体温が急に下がらないウールを加えることによって、バランスを整えているんです



ポリエステルといえば、スポーツウェアで頻繁に用いられる吸湿性・速乾性に優れた素材

一方メリノウールは、本格的な登山に欠かせない素材。抗菌作用があるので、アウトドアウエアとして重宝されているのは言わずもがなですね。

そんなふたつの素材を組み合わせているなんて、かなり贅沢!

この夏チョイスしたい一着というわけ

湿度が高い日本の夏にもぴったりな素材でつくられた「A2B ポロシャツ メンズ」

比翼仕様になったシンプルな前立てや、色気あるカラーリングなど、非常に上品な印象なのも魅力。

全5色での展開がされており、落ち着いたカラーを選べばビジネスカジュアルにもピッタリハマりそうです。

いわゆるな機能ウェアからワンランクアップした、この夏注目の一着であると言えるでしょう。

A2B ポロシャツ メンズ [アークテリクス オンラインストア]

Photographed by Kaoru Mochida

髙阪正洋

ファッション、ライフスタイルまわりで、編集・ライターのいろはを学び、ひた走る日々。いつの日かROOMIEアイス部員に抜擢されんと、就寝前のアイスが20年以上やめられないでいることをココにしかと明言しておく。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking