田中 さやか

田中 さやか

1

昔からポーチを集めるのが趣味な私。

雑貨屋さんを覗くたびに、自分の理想に合うポーチを探しているのですが…!

最近、「ポーチって汚れやすいし、かさばる。なんだかんだジップロックが最強のポーチなのでは……?」と思い始めました(笑)。

『ジップロック』各種

そう……みんな大好きジップロック! 特にミニマリスト界隈では、ジップロックをポーチとして使うことはもはや定番な模様。

「でも、ジップロックポーチって実際どうなの……?」と思い、今回試してみました!

圧倒的な軽さ!かさばらないので持ち運びにも◎

ジップロックはビニールなので、薄くてとても軽いことが特徴。「ポーチ自体が重い…」ということはもうありません!

そもそもジップロックは商品名。保存用のジッパー付き袋、またはフリーザーバックとして呼ばれることが多いです。(ここではジップロックで統一します)

食品の保存として使われるアイテムですよね!

さて、早速普段持ち歩いているコスメを入れてみると……うん、しっかり入る〜! 

ジップロックはS・M・Lのサイズから、スライド式、マチ付きタイプまでさまざまあります。

個人的には普段使いしている小物を入れるのであればS、旅行など多めに小物を入れたいのであればMサイズがおすすめかと思いました!

汚れ・濡れにもへっちゃら!

ジップロックのお手軽バックSサイズは小物収納にぴったり!

「ジップロックポーチって最高だな〜」と思ったのが、やはり汚れや濡れに強いところ!

お気に入りのポーチを買っても、汚れないか心配してしまいますよね。そのため、ガンガン使えない……なんてこともあります。

こちらはスライド式ジッパー付きの、ジップロックMサイズ

しかし、ジップロックポーチなら、濡れてもサッと拭けますし、ボロボロになったら潔く捨てられる!

海やプール、アウトドアや温泉などにぴったりです!

圧縮袋感覚で使える

空気を抜いて、洋服を入れられるのも嬉しいポイント。旅行のパッキングにも活用できます!

試してみたところ、圧縮袋として利用する場合は、スライド式ジッパーがついているジップロックではなく、スタンダードなジップロックを使うと空気がしっかり抜けるのでおすすめです。

残念なところ:まあ、見た目はかわいくはないかな……

ジップロックなので、当然見た目のかわいさはありません……!(笑)

完全に機能性重視の方におすすめの使い方です!

使わない場合はコンパクトになる

旅行のときなど、使わなくなったらコンパクトに収納可能。キャリーケースがかさばるなんてことはなし!

濡れた服もそのまま入れられるので、温泉のときも安心です。

カバンのごちゃつきを解消!

コスメ以外にも、ケーブルまわりのごちゃつきも解消〜!

薬や絆創膏などを入れておくのにもおすすめです。

実際に使ってみて、思った以上に快適だったジップロックポーチ

ポーチの汚れが気になる、ものをあまり持ちたくない人には、とってもおすすめですよ〜!

ジップロック

あわせて読みたい:

田中 さやか

TV番組制作会社の勤務を経てライターに。主にグルメ・インタビュー記事を執筆しています。シンプルで可愛い雑貨が大好き。暮らしが便利になるアイテムをご紹介します♪

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking