林 美由紀

林 美由紀

4

サコッシュやポシェットなど、小さいバッグなら身軽。
でも、充電ケーブルに、鍵、フリスク、季節によっては制汗シートなど、たくさん収納すると、取り出しにくかったり、ごちゃついたりします。

それなら、小さいバッグにも入るスリムな収納ケースを使うのがオススメ。

スリムでコンパクト

Image: Amazon.co.jp

小物をまとめて持ち歩くのにピッタリなのが、リヒトラブの「コンパクトペンケース」。

サイズは165mm×20mm×90mmとジャケットのポケットにも入ってしまうくらいの小ささで、重さも60gと超軽量です。

元々はペンケースですが、仕切りやポケットをうまく利用すれば、スマホの充電ケーブルや鍵などの小物入れ、コスメポーチとしても使うことができます。

収納したものが取り出しやすい

Image: Amazon.co.jp

ファスナーを開ければ、パカっと見開き状態になり、収納したものがわかりやすいんです。

右側のポケットは起毛生地が使用されているので、ハンドミラーやイヤフォンなど傷つきやすいものを安心して持ち歩けます。

左側のポケットには15センチ定規やA7サイズのメモ帳やハンコだけでなく、ケーブル類、リップ、ハンドクリームの収納にもいいかも。

Image: Amazon.co.jp

表紙生地は撥水加工が施され、底部には樹脂コーティング生地を採用し、持つことが多い部分は汚れにくい仕様になっているそうです。

Image: Amazon.co.jp

カラーはレッド、イエローグリーン、ネイビー、ブラックの4種類。
バックの中でもかさばりにくいコンパクト設計なので、サコッシュなどにも入れられるのがいいですね。

ペンケースを上手に使ってバッグインバッグに!
これで、バッグの中身がスッキリしますよ。

リヒトラブ ペンケース コンパクトタイプ アクタクト [Amazon]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking