林 美由紀

林 美由紀

4

パスタや野菜を茹でたときの湯切りって、湯気が立ち上ってきて熱いですよね。

片手に鍋、片手にザルを持つと重くてお湯が手にかかったり、さらには中身がこぼれてしまったり……。

でも、これを使えば全部解決してくれるんですって!

お鍋のフタで解決だ!

OneLid」は、シリコン素材で熱くならないお鍋のフタ。

しかもこのフタ、ただのフタではなく、「ザル」としても使えるという優れモノ。

野菜や麺を茹でたあともザルに移さずに、鍋のまま湯切りができるんです!

フタの内側に波状のスリットが入っており、お湯だけ流れて食材は出ないように設計されているのだとか。

ザルを使わなくていいので洗い物も減るし、これなら重い鍋も両手で持てて安心かも……!

どんなお鍋にもフィット

ふつうは鍋のサイズに合っていないと使えないフタですが、これなら15cm~22cmの鍋ならピッタリフィット!

ひとつあればどんな鍋にも使えるので、収納も省スペースできていいな〜。

吹きこぼれもしにくいよ

このスリット形状のフタ、野菜や麺をゆでるときの吹きこぼれも軽減してくれるのだそう。

麺などは特に吹きこぼれやすいので、これなら茹でながら食材を切って……など効率化できるかも。

ヤケドの心配もなさそうだな…

鍋の中が沸騰してもフタの表面の温度は約20~30度に抑えられるので、熱くて持てない!なんていうこともなさそう。

大きくて持ちやすい取っ手で、やけどの心配もありません。

ちなみに洗うときは、食洗器もOK

「OneLid」は現在、クラウドファンディングMakuakeで支援を募集していますが、すでに目標を達成しています。

調理中の地味なストレスを減らしてくれるお鍋のフタ、ひとつ持っておきたいな〜!

ゆでる・煮るがサラッとラクに!時短になる! 「便利なお鍋のフタOneLid」

あわせて読みたい:


林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking