aki

aki

野菜不足が気になって、とりあえずコンビニサラダ野菜ジュースを買ってしまう日々……。

できれば新鮮な野菜を食べたいけれど、夏場の持ち歩きは心配なんだよね……。

そう思っていたところに、超優秀なランチボックスと出会っちゃいました!

シンプルなランチボックスだけども…?

GEL-COOLの「フタが保冷剤になるサラダ用ランチボックス」(税込2,267円)。

見た目はとてもシンプルで、一見ガラスのようですが飽和ポリエステル樹脂でできています。

フタを冷凍庫に一晩入れておけば保冷剤に

このランチボックス、名前のとおりフタが保冷剤になります。

フタのなかに保冷剤が封入されているので冷凍庫に一晩入れておくだけで、ひやひやに。

ランチボックスと一体化してるからわざわざ保冷剤を持っていかなくていいし、夏場に生野菜を持ち歩くハードルが一気に下がる~。

朝出かける直前に入れて持っていけば、30℃くらいの暑い日でもランチタイムまではしっかり保冷効果が持ちますよ。

見た目以上にサラダがたっぷり入るんだな

大きさは両手のうえに余裕で乗るくらい。持ち運びにも便利なサイズ感。

400mlという容量はやや小さめに見えますが、意外とたくさん入ります。

サニーレタスはちぎれば一個余裕で入りますし、ゆで卵やチキンなどごろっとしたものを入れても問題なし!

入れるもの次第で、ランチのメインにもなっちゃいます。

水切りすのこのおかげでシャキシャキ

すごいのは、底に水切りをしてくれるすのこが入っていること。

こいつのおかげでべちゃっとすることなく、シャキシャキのまま野菜をおいしく食べられるのです。

しかもフタは汁漏れしにくいスクリュータイプ。

パッキンも付いているので、ドレッシングをかけて持っていっても安心です。

もうどれだけ優秀なんだ……。

残念なところ:保温効果ナシ&電子レンジ不可

食材の冷たさを維持するためにつくられているので、保温効果はないそう。

サラダ以外にも保存食などを入れておくのにも向いていますが、このまま電子レンジであたためるのも不可なので、ご注意を。

カットフルーツやマリネなど、冷たいままおいしく食べられるものを入れるのがおすすめですよ。

脱コンビニのサラダ!

オフィスでも毎日新鮮なサラダを食べられるのって幸せ……。

今までサラダは買うものだったけれど、この子のおかげでそろそろコンビニサラダを卒業できそうです。

この夏から、一緒にヘルシーな食生活はじめましょう~!

あわせて読みたい:


aki

長野生まれ、長野育ちの23歳。Webマーケティングの会社でライターをしています。演劇と映画と、時々さんぽ。Y字路に異常にときめきます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking