haco

haco

2

ジメジメの季節はクローゼットの中の湿気も気になりますね。

除湿アイテムにも、様々なタイプがありますが……

いっそのこと、衣類を1つ1つキッチリと守ってみてはいかがでしょうか。

圧縮タイプだから収納スペースも助かっちゃう

どうしても場所を取ってしまう、冬モノの衣類。特にダウンジャケットは数着でもこれだけ厚みが出てしまいます……。

バキュームシールハンギングバッグ 130cm 3枚入り×2個セット 3600円

ここで活躍するのが、「バキュームシールハンギングバッグ」

これを使って衣類を圧縮すると、厚みは約3分の1に。

なかなか衣類を減らせなくてクローゼットがギュウギュウになってしまいがちな人にとって、これはとても助かりますね。

空気を抜いて圧縮するので、カビや湿気から衣類を守ってくれるのも、うれしいところ。

そのままかけられるから収納場所も困りません

ポイントは、ハンガーが袋に直接ついているところ。

圧縮したら、いつもコートをかけているところに、そのままかけておくだけだから、「圧縮したはいいけど、どこにしまおう……」と悩むこともありません。

しかもスッキリコンパクトにまとまるから、夏の間も邪魔になりにくいのです。

実際の作業手順は…

使い方は簡単。

①まず、ハンガーにかけたままの服を袋の中に入れます。横が大きく開くから、入れるのは簡単。

②ジッパーを閉めます。ジッパーは二重構造だから空気が漏れにくくクリップ付きで、しっかり確実に閉めることができますよ。

③バルブから掃除機で吸引して、空気を抜きます。バルブは空気が逆戻りしづらい構造なので、慌てて閉めなくても袋がすぐに膨らんでしまうこともありません。

バルブを閉めたら完成です!

1つの袋に2着かけられる

ハンガー部分はこんなふうに、袋の内側で2着かけられるようになっています。

2着をいっぺんに圧縮してしまえば、掃除機で吸う手間と時間、電気代も半分に。

わずかな差ですが、何着もあるとこの違いはとても大きくなってきますね。

私が購入した3枚入り×2個セットなら、全部で12着も圧縮できるのです。

2着圧縮するときに注意すること

2着一気に圧縮するときに注意したいのが、ハンガーがフックにしっかりかかっているか、ということ。

掃除機で吸引しているうちに2着目のハンガーがフックからはずれてしまうこともあるので注意です。

位置を合わせながらの作業がちょっとだけ面倒でした。

それから、シワが心配な衣類や高級な衣類はかけない方がいいようなので、ご注意くださいね。

省スペースでカビの心配もなし

5着だけで試してもかなりスペースに余裕ができたので、家族分を全部圧縮したらかなりの省スペースになりそう。

あまり重すぎるものをかけるのはちょっと不安ですが、男性用のダウンジャケット2着(比較的重め)なら、問題なくかけられています。

短いタイプもあるので、服のサイズに合わせて選んでくださいね。

衣類は圧縮して保管しておけば、次の季節にまた気持ちよくお気に入りが着られそうです。

バキュームシール ハンギングバッグ[楽天市場]

あわせて読みたい:


haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking