SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

2

自転車のライトって、付けっぱなしだと盗まれてしまわないか不安。

だけど、外して持って歩くのは荷物になるし……。

そんな悩みを解決する、自転車にも・登山にも・旅行にも使える万能ライトを紹介します!

親指より小さいコンパクトさ!

ビアンキ「USBフロントライト」3,456円(税込)

イタリアの老舗自転車ブランド・ビアンキの「USBフロントライト」は、指先でつまめてしまう超コンパクトサイズ!

なんと僕の親指より小さいんです。

ビアンキは現存する中では世界最古の自転車ブランドらしいので、信頼性もバッチリですね。

重量はたったの20g。単三電池1本より軽い!

デニムパンツのコイン入れにだって、スッポリ入っちゃいますよ〜。

これだけ小さいと持ち運びは全く問題なし!逆になくしてしまわないか心配なぐらいです。

取り付け・取り外しも工具なしでワンタッチ

付属の取付け台は、自転車のハンドルなどに巻いて止めるだけ

工具はいりませんよ〜。

あとは、使いたいときにライト本体を取付け台に重ねて軽く回すのみ

一瞬で取り付け完了です。

取り外すときも、パッと掴んでねじるだけでカンタンに取り外せます。

ライトを自転車に付けたままにしておくと盗まれてしまうリスクも……。

このライトなら使わないときはサッと付け外しできるので、すごく快適です!

付属のベルトでリュックにもつけられるよ

マジックテープで調節が可能なベルトが付属しているので、リュックの肩部分などにも取り付けることができますよ〜。

ヘッドライトは頭が重くなるので苦手という方や、登山のときの予備ライトとして肩につけておくのにもオススメです!

小さくても超パワフル!

気になる明るさですが、僕が登山や魚釣りで使っている2つのヘッドライトと比べてみました。

左が、マイルストーン「MS-B2」(登山で使用)
真ん中が、ビアンキ「USBフロントライト」
右が、ゼクサス「ZX-320」(魚釣りで使用)

まずは、マイルストーン「MS-B2」。単4乾電池3本で使用可能です。

続いて、ゼクサス「ZX-320」。単3乾電池3本で使用可能です。

最後が、ビアンキ「USBフロントライト」。リチウムイオン充電電池が内蔵されています。

いかがでしょうか?

機種によって光の色は多少違うものの、明るさ自体はビアンキのライトもヘッドライトに勝るとも劣らない、かなりの明るさ

小さいボディですが、白色のLEDが2つ搭載されているので、明るく広範囲を照らすことができるよう。

これなら自転車の夜道も安全ですし、登山や魚釣りのサブライトとしても十分使うことができますね〜。

USBでラクラク充電〜

リチウムイオン充電式電池(500mA)が内蔵されているので、乾電池を買う必要はなし!

スマホの充電器やPCのUSBポートから充電できるので、楽チン!2〜3時間ほどでフル充電できますよ。

スイッチを押すと、照射モードが4つ切り替わるようになっています。

高輝度:1.5時間
中輝度:3時間
低輝度:6時間
点滅:12時間

高輝度で使用すると使用できる時間は少し短いですが、低輝度でもかなりの明るさ。

僕は普段「低輝度モード」で使用しています!

週に4〜5日ジムに通う往復30分ほどの使用ですが、週に1回充電するだけで大丈夫ですよ〜。

モバイルバッテリーからも充電できちゃうので、長距離のサイクリングでも休憩のときに継ぎ足し充電できるので助かります。

2つ持っておいて、使いながらもう1つはモバイルバッテリーで充電なんて使い方もアリかも?

残念なところ:バッテリーの交換ができない

リチウムイオン充電電池は内蔵なので、電池が劣化しても交換はできないようです。

説明書には約500回充電可能と書かれていたので、週に1回の充電だと10年ほど使える計算。

僕は2年半ほど使っていますが、今のところ劣化してきたような気配は感じていません!

どんなときも連れていきたいライトだよ

普段は、おもに自転車に取り付けて使用中。

防滴仕様なので急な雨でも問題ないですし、デザインもシンプルで気に入っています。

自転車だけでなく、登山の予備や海外旅行などにもオススメ。

夜に出発する登山やナイトハイクでは、ヘッドライトが急に故障してしまったら身動きがとれなくなってしまうことも……。

海外旅行では日本に比べて停電がよく発生するので、このライトを持っておくとどんなときも安心なんです。

大きなライトを予備に持っていくのは躊躇しますが、これならリュックやスーツケースの片隅にポンっと気軽に放り込んでおけますよ。

このライトは、今まで出会ったライトの中で最小・最軽量。選んでよかったと、2年経った今も感じています。

最近は同じビアンキから新しいモデルも発売になったようなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

USBフロントライト[Bianchi]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking