林 美由紀

林 美由紀

2

大根をすりおろす時って「よしやるぞ」って、ちょっと気合を入れるんです……。

でも、どうやら気合を入れなくても軽い力ですりおろせて、しかも、おろしやすいおろし器があるようなんです。

速くおろせる

Image: Amazon.co.jp

「速攻おろし」は軽い力で静かにすりおろせるアイテム。
年配の方や子どもでも、簡単にできちゃうんだとか。

Image: Amazon.co.jp
Image: Amazon.co.jp

すりおろしやすくしているのは、ハンドルや裏面のゴムストッパー。
これがあることで、おろし器が滑ったり、動いたりするのを防いでくれるので、手早くすりおろせます。

Image: Amazon.co.jp

また、すりおろした食材の水分が気になるときは、注ぎ口から水きりが可能です。
食材は残して、水分だけ取り除く作業も手間いらず。

Image: Amazon.co.jp

刃は、食感を楽しめる粗目とふわっとした舌触りになる細目の2種類から選んで使うことができます。
目皿は黒色なので、残りカスがわかりやすく、お手入れがしやすいのもいいですね!

ボウルにもなる!

Image: Amazon.co.jp

さらに、刃部分と受け皿部分は分離するので、受け皿部分をボウルとして活用してもOK。
これまでは、おろした大根を、ボウルから別の容器に移し替えていたので、このまま使えるのは便利ですよね。

付属のフタを使用すれば、食材保存も可能。

Image: Amazon.co.jp

少しずつ入れられる注ぎ口があるので、たこ焼きの生地や、溶いた片栗粉、卵を入れるボウルとして活用してもいいかも。
すりおろし料理以外にも使えるのは、収納スペースも困らなくてありがたいな〜。

片手でハンドルを持ち、軽い力でおろせる!
今のおろし器が使いづらい……なら、きっと「速攻おろし」がサポートしてくれますよ。

速攻おろし [Amazon]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking