Bon-Masu

Bon-Masu

4

容量の少ないバックパックというのもあると便利です。

街中で使うには、「大は小を兼ねる」という感覚で、20L程度の容量が使いやすいですね。

容量を削って小容量へ

パタゴニア フォアランナー・ベスト 税込12,096円

アウトドアで使う時は、目的(用途)が明確になっている分、無駄な容量を削って大は小を兼ねないのが正解だと思います。

10L以下の小容量バックパックというのは、以前はほとんど存在しませんでした。

今はトレイルランニング用の製品がたくさんでています。

もちろんトレランだけでなく、多用途に応用可能です、私が選んだのは、パタゴニアフォアランナーベスト10L

パタゴニアのフォアランナーベスト

雨に濡れてもメッシュ生地はサラッとしてます。

背負うと言うよりは着ている感じですね、ランナーのためのベスト。

重量は312gありますが、体にぴったりフィットさせることができるので、重さは感じません。

ストラップの部分が幅広くてベスト感を出してます。

ハイドラレーションも付いている

Max2L入りますが、通常の日帰りトレッキングでは、1,5Lぐらい水を入れてます。

2Lのハイドラレーションパックが付いてます。

さらに緊急時のホイッスルも付いてます。

クマよけの鈴ではなく、ホイッスルが似合います。標準装備ってのが良いですね。

こんな装備から、改めてトレランというのは大変なスポーツだと思います。

ハイドラパックに水を入れて、残りの容量は、雨具、お茶道具、食料でギリギリですね。

でも、日帰りのトレッキングならこれで十分です。

背負いながら水分補給ができる

一番下に隠れているフックに、ハイドラパックを吊り下げます。

キーホルダー付きの貴重品入れ、小さくても有効です。

給水チューブは、左右どちらかのスリットからストラップに出します。

ハイドラチューブは右肩から出して、左肩のフックで止めておくのが標準です。

危険を省みないのはダメですが、トレッキングには「何を持っていかないか」というモノ減らしの自己マネジメントも含まれているのです。

水持って残り8Lで、1日快適に楽しみなさいという課題を解くということですね。

スマートな回答を考えましょう。

日帰りトレッキングが快適になります、少し走りたくなりますね。

フィッシングベストとしても使えます!

今となってはフィッシングベストは大げさで、ちょっと恥ずかしいです。

フィッシングベストと言えばこんな感じです。

10Lの荷物を入れられるベストと考えると、山の中の渓流釣りに最適です。

前面のポケットが多いのが特徴ですが、こんなに釣り具は必要ありません。

初めての川に行くので何でも持って行くとか、ことさら道具の多いフライフィッシングの場合は、大容量のポケットがありがたいのです。

しかし、いつもの川に行ってたっぷり歩くような場合には、フォアランナーベストが良い感じですね。

ビビットな色も含めて、とても楽しい釣り散歩になりそうです

フロントポケットに、タックルボックスと、プライヤーと予備のリーダーのみ。軽快に行きましょう!

毎年春に行く秘密の川、何が秘密かっていうと。

普通、日本の川には漁協が存在して、渓流魚を放流し釣れやすくして、入漁券を販売しています。

良く釣れるようになるのでしょうが、他の川で生まれた魚を放流することで、生態系への影響がとりだたされたりします。

ところがこの川は、小さすぎて漁協が介入せず、本物のアマゴに出会えます。

漁協がないってことは、未整備で歩きにくいということでもあるのですがね、そこが気に入っているところでもあります。

たっぷりと川歩きを楽しんで、今年もアマゴに出会えました。 

今年は小さいのばっかり…… 釣りは早々に切り上げて、手頃な岩でコーヒーでも飲みましょう。

ウェーダーを履いてる人しかたどり着けない渓流カフェでコーヒーを。

元気なアマゴ達と会えて、最高の休日でした。

足を知るって感じの、必要にして十分なサイズフォアランナーベストが、釣りにも軽快なスタイルを提供してくれます。

すべての日帰り旅のお供にいかがですか。

Patagonia フォアランナーベスト

あわせて読みたい:


Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking