林 美由紀

林 美由紀

2

料理中の洗い物は、できれば最小限に抑えたいもの。

とはいえ複数切らなきゃいけない食材があると、切ってはまな板を洗い……の繰り返しがちょっと手間。

その問題、「丸いまな板」で解決しちゃいましょう!

まな板は「丸型」がいいのよ

まな板といえば長方形をイメージしがちですが、こちらのまな板は「丸い形」が特徴!

料理家の栗原はるみさんプロデュースで、中華料理店の厨房にあるような丸型のまな板を家庭用に作ったのだとか。

料理中のストレスをなくしてくれそうだ…!

この形、食材を切るときにまな板を回転させながら場所を変えることができるのだとか。

複数の食材を1枚のまな板の上で切ることができるので、今までのようにザルや他の入れ物に移す必要もナシ

何度もまな板を洗わずに済むし、材料をうつす容器もいらないし……コレ、かなり洗い物が減るのでは……!?

切った食材がまな板からはみ出さないのもうれしいポイント。

食材があふれてダメになってしまった……なんて経験ありますが、そんなストレスも回避できるかも。

S字フックなどにかけて収納することもでき、お皿のような丸い形はシンクの中でも洗いやすい〜!

まな板ってけっこう場所を取るので、これはかなり助かるなぁ。

使い分けもアリだな〜

白い面をひっくり返すと、もう片面はネイビーに。

色移りの気になる野菜はネイビーの面で、肉は白の面で、などと食材によって使い分けもできますね。

丸まな板(小サイズ)は2,700円(税込)で販売中。

ちなみに中サイズ・大サイズもあるので、用途に分けて揃えるのもいいかも。

形が丸いだけでこんなにも使い勝手が変わるなんて……もっと早く知りたかった!

栗原はるみ/丸まな板(小)

あわせて読みたい:


林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking