タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

4

こんにちは! ガチキャンプが好きなアウトドアライターのタカマツミキです。

いつもキャンプの火おこしは何を使っていますか? チャッカマンやマッチという人も多いでしょう。

しかし私は、原始的に火おこしができる「ファイヤースターター」をおすすめします~!

マッチやライターを使わないで火おこしができる!

今回ご紹介するのは、1995年に創業の“火おこし”に着目したアウトドアブランド「LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)」が発売している「ファイヤースチールスカウト2.0」

LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)ファイアースチールスカウト2.0 Red(レッド)  amazon価格にて1,542円

私も愛用しています!

なんで“火おこし”ができるの?

ファイヤースチールスカウト2.0のスティック部分には、マグネシウム合金を採用しているので、雨や結露でも安心!

燃えやすい枯葉や白樺の木の皮など、燃えやすいものに向かって、付属のストライカーで擦ることで、擦り火花が発生して引火させることができ、着火が可能なのです。

ライターとは違い、ガス切れしないのがポイントですね~!

残念なところ:小さいため、どこにやったか忘れてしまう…

唯一残念なところというと、キーホルダーくらいの大きさのため、きちんと管理していないとどこに収納したか忘れてしまい、紛失する可能性があることです。

実際に私も何回か紛失してしまいました…!

しかし、ストーブと一緒に収納し、袋に入れて管理することで紛失を防げますよ。

焚き火はもちろん、ストーブの着火にも!

キャンプのときに火を使うシーンというと、焚き火をイメージするでしょう。

焚き火もいいのですが、調理アイテムであるストーブを使うときに「ファイヤースチールスカウト2.0」を使用するととても便利ですよ。(※点火スイッチのないストーブを使うとき)

使い方は簡単!

ストーブのガスを少し出して、

ストライカーを使って、マグネシウム合金部分のスティックを擦るだけ。

「ファイヤースチールスカウト2.0」を買ってからは、ライターを忘れても問題なし!

どんなときでも着火できるので、とても便利ですよ~! ぜひチェックしてみてくださいね~!

あわせて読みたい:

タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking