古谷 真知子

古谷 真知子

BBQやアウトドアの調理に、必須なトング

菜箸で掴みにくい塊肉や魚介の調理には無くてはならないんですが、かさばるから、ちょっと持ち歩きには不便なんですよね。

手のひらサイズに折りたためるトングがあったとは!

田中文金属 「アングルマスター」¥2,383(税込)

田中文金属のコニファーコーン・フォールディングトング「アングルマスター」は、トングの全長の約半分ほどの長さを折りたたんで、手のひらサイズに収納できるんです!

これなら一般的なジップ袋に、らくらく入っちゃうな~!

見た目だけじゃない!超実用的なヒノキグリップ

手で握るグリップ部分にはヒノキを使用していてデザイン性が高いだけでなく、金属製のトングと違って長時間使用していても手が熱くならないんです。

こりゃ~いいや~! ちなみにヒノキは純国産を使用とのこと。

角度が自由に変えられる!

「アングルマスター」の名前通り、「折り畳める可動ジョイント部分」角度を、自由に調節できるのもポイント高いです。

ちゃんと長さを出せます

真っすぐのままだと掴みにくい、大き目の肉や貝類は角度を付けると肉汁をこぼさず取り分けられます。

さらに、切り分ける際に短く持つことで、しっかり押さえてカット出来るんです!

この便利さを味わったら真っすぐのトングにはもう戻れないかもしれない……!

つかむことにこだわった3D先端加工

このトングは、よくある雲形の先端ではなく、立体的なギザギザが付いているため、重くて滑りやすい塊肉や尾頭付きの魚も、余裕で掴めるんです!

サザエのようなデコボコのある貝だってしっかりつかめるのが嬉しいな~。

残念なところ:先端が洗いにくい……

掴みやすさを追求しているからこその立体ギザギザが、ちょっと洗いにくい……!

先端の角の汚れが洗いにくいのが残念ですね。

荷物は少しでもコンパクトにしたい!

アウトドアではとにかく荷物が増えがちなので、なるべくコンパクトにまとめたいですよね。

手の平サイズのトングならジップ袋からはみ出さないし、ポケットにも入っちゃいます!

もちろんキッチンのカトラリー用の引き出しにも違和感なく収まります。

トングかさばり過ぎ問題、まるっと解決しちゃって下さ~い!

あわせて読みたい:

古谷 真知子

中学生男子と小学生女子、二児の母。 主婦業の傍ら、親子でお料理を楽しむ食育教室を開催。 自他共に認める食いしん坊。食べるために、ひたすら歩く。魚食推し。掃除は苦手。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking