タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

2

こんにちは! ガチキャンプが好きなアウトドアライターのタカマツミキです。

私にとって、アウトドアはもちろん、旅行のときに欠かせないアイテムは「バックパック」です。

今回は、私自身がキャンプや登山、旅行のときに愛用しているバックパックを、ご紹介できればと思います!

長い時間、背負っても痛くならない!

ドイター バックパック「GUIDE45+」 楽天市場価格にて25,380円(税込)

バックパックを展開しているブランドの中でも有名な「deuter(ドイター)」

1898年にドイツのアウグスブルグで、ハンズ・ドイターによって創業された、バックパックの老舗ブランドなんです!

私が愛用しているのは、deuter(ドイター)のバックパック「GUIDE45+」

実際に山岳ガイド達の専門的なフィードバックを受けて開発されたモデルなんです。

キャンプや登山などのアウトドア、旅行に使えるバックパックを…と考えた結果、これを選びました。

実際に使ってみていいなっと感じていることは、身体へのフィット感が優れていること。

登山や海外旅行へいくときは、背負っている時間が長くなります。

身体にあっていないバックパックだと、肩や腰が痛くなってしまうんですよね。

だけど、この「GUIDE45+」はぴったりフィットするので、長時間背負っていても痛くならないんです!

ベルトにも、痛くならない工夫が!

また、ヒップベルトにクッション性のあるパッドが入っているので、ベルトをしっかり締めても、窮屈感なし!

収納に優れた「ふた部分」

ふた部分には、レインウエアや傘など、すぐに取り出して使いたいものを収納すると便利~~!

二気室なので、使い分けも簡単!

1週間のキャンプ・海外旅行でも使えるよ!

キャンプへいくとき、「あれもこれも…!」と用意したくなりますが、バックパックひとつでいくときは、ギアを厳選しなければいけません。

私の場合ですが、余計なギアを持っていかなければ、1週間くらいのキャンプや海外旅行が可能!

ちなみに、

・テント
・グランドシート
・枕
・寝袋

上記を入れても、

まだまだ余裕がありますので、着替えや洗面用具、ストーブやコッヘル類を入れても全然大丈夫~!

残念なところ:中身を取り出すとき開けなければいけない…

私が愛用しているGUIDE45+は、かなり前のモデルで、取り出し口は2カ所。

二気室のまま使ったら、取り出し口は1カ所に……中身を取り出したいときは、中身の位置を考えて、ジッパーを開けなければいけないのが、残念なところ。

ただ、現在のモデルは、サイドから内部へアクセスできるので、これから購入する人は、あまり気にしなくても大丈夫!

荷物が増えたら、雨ふたの高さ調整も可能!

雨ふた部分は、高さ調節ができるので、荷物が増えても安心です!

今では、どんなキャンプも旅行も、このバックパックひとつで出かけちゃいます。

バックパックを探しているという人は、ぜひチェックしてみてくださいね~!

ドイター

楽天市場 ドイター 「GUIDE45+」 

あわせて読みたい:

タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking