小池田

小池田

6月も、気がつけばもう下旬。

梅雨が明けると暑い夏がやってきますね……!

日差しが本格的に強くなる前に、紫外線対策しておきましょ〜!

今年の日焼け止めはコレだ!

NIVEA「ニベアSUN ゼロフィーリング UVローション」918円(税込)
※Amazonでの価格

私が今年の日焼け止めに選んだのは、この「ニベアSUN ゼロフィーリング UVローション」。

日焼け止めの定番でもあるNIVEAから、今年新しく登場した日焼け止めです。

基本スペックはというと、SPF50+PA++++

専門的なことはよくわからないのですが、SPFが50くらいあればまあ大丈夫だろう!と思っていつも選んでいます。

素肌みたいにサラッサラ……!

中身を手に出してみるとこんな感じ。

さらっとした、水のような質感のローションタイプです。

肌になじませると……ほんの10秒後くらいには「え、どこに塗った?」というくらい肌になじんでサラサラに!

とにかく速乾で、まるで何も塗っていないような感覚……。

「ゼロフィーリング」たる所以はここにあったのか〜と納得してしまいました。

商品説明を見てみると「パウダー入り」との文字が。

なるほど、だからサラサラになるのかな……?

使うときにはよく振ってから出すのがポイントだそうです!

日焼け止め紀行、これにて一旦終了

ここ何年かは特にお気に入りの日焼け止めが見つからず、新商品を見つけては試し、見つけては試し……。

とにかくベタつくのが嫌だったので、同じニベアやビオレのジェルタイプのものを使ってみたり(うるおいが良かったのですが、なんとなく物足りなさが……)

昨年くらいから出始めたトーンアップタイプのものは気に入ったのですが、真夏にはやっぱりちょっと重たいし(このワガママな性分、困ったものだ……)

韓国ブランドのものも使ってみたけど、すぐに買えないし(日焼け止めって、なんでこんなにすぐなくなるんだろう……)

この「ゼロフィーリング UVローション」は、そんな私にとっては今のところベストなアイテムだったのです。

残念なところ:日焼け止めのキャップ、くっついてたらいいのにな〜

この日焼け止めに限ったことではないのですが、日焼け止めのキャップって独立したタイプが多いですよね。

出先などで使っていると、よく塗りながらキャップを落下させてしまう私。

コレ、くっつけたらダメなんですかね……?

パカッと開けるタイプの質感のいい日焼け止め、求む!

毎日ストレスなく塗れるのがイチバンかも

5月くらいからほぼ毎日塗っていますが、まだ日焼けした感じはナシ。

日焼け止め特有のあのニオイもなく、石けんやボディソープで洗えばちゃんと落ちるのも◎!

とにかく夏場は消費量が激しいので、ドラッグストアやバラエティショップなど、どこでも買えるのも助かります……。

今年は、この日焼け止めで紫外線に勝つんだ。

紫外線対策がまだの方、とりあえず初めの1本にコレ、かなりアリですよ〜!

ニベアSUN ゼロフィーリング UVローション[NIVEA]

あわせて読みたい:


小池田

北海道うまれの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking