haco

haco

4

長く使っていたら、ちょっと飽きてきてしまったダイニングのインテリア。

そう思って1年半ほど前に、イスだけチェンジしてみました。

お値段も手頃なリプロダクトのイームズチェアは、座り心地もよく、インテリアとしてもなかなか優秀ですよ。

置いておくだけで絵になる「イームズチェア」

Re:Home イームズチェア 5,990円

カフェなどでもよく見かけるチャールズ&レイ・イームズの「イームズシェルチェア」

わが家で使っているのは意匠権の切れたリプロダクト品で、オリジナルのチェアにはもちろん品質で負けるものの、部屋のインテリアをガラッと変えるのに一役買ってくれています。

部屋の隅や廊下、玄関などにちょこんと置いておくだけでも、なんだか雰囲気があって絵になるような……。

玄関のちょっとした荷物置きや、来客用の予備のチェアとしてもいいですね。

選び方で雰囲気が変わる楽しみも

Re:Homeのイームズチェアはカラーや柄が豊富で、選ぶのも楽しい。

座面の素材はファブリックと強化樹脂から選べて、ファブリックは25種類、樹脂は9種類のバリエーションがあります。(2019年6月現在)

わが家ではファブリックのアイボリー、アップルグリーン、ペパーミント、アッシュグレーをセレクト。

脚の素材や色も6タイプから選べます。

わが屋では「ナチュラル」の木材脚を選びましたが、他にもPP製やスチール製のものが展開中。

脚と色柄の組み合わせは、全部で180種類から自由に選ぶことができますよ〜!

厚みがしっかりあって座り心地も気持ちいい

つるんとした樹脂製も人気ですが、あえて選んだのは布張りのファブリックタイプ

厚みがあるからクッションいらず。ふんわりした座り心地が気持ちいいんです。

布地は無地ですが、布自体に折り柄があって、さりげなく表情ゆたかなところもお気に入り。

背もたれのゆるやかなカーブのおかげで、腰や背中がイスにフィット。

余計な隙間が空かないせいか、長く座っていても疲れにくい気がします。

軽いからどこにでも運べる

重さは約4.2kgと軽いから、持ち運びもラクラクです。

たまにはバルコニーやウッドデッキに持って行って、アウトドアリビングで使うのも気分が変わって楽しいですね。

くるくる回るタイプのイスは、子どもが落ち着かないので学習机には置きたくないし、あんまり重いと子どもが動かすのが大変。

だけどこれなら無駄にくるくる回ることもなく、移動も子どもの力で簡単です。

布製ならではの困ったこと

何かこぼしたりしたら、布張りは汚れてしまうのが残念な点。

1年半使っていく中で、ちょっとシミが残ってしまいました。

また、4つ購入したうちほとんどは耐久性の面では問題ありませんが、最近ネジがたまに落下してしまうイスが、ひとつだけあります。

リーズナブルな分、取り扱いには注意が必要かも……。

インテリアも暮らしも大きく変化

イスを替えただけで、ガラリと部屋の雰囲気が変わりました。

色や柄、脚のタイプなどの選び方によって、北欧風にもシンプルにもカラフルにも、インダストリアルな雰囲気にだって馴染んでしまうのがこのチェアのすごいところです。

座り心地がいいのか、家族がここに座っていることが増えて、自然と話す時間も増えた気がします。

イームズチェアは雰囲気の変化だけでなく、暮らしにもちょっとした変化をもらたしてくれました。

イームズチェア[楽天市場]

あわせて読みたい:



haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking