マツカ

マツカ

1

みなさん、私はバターが大好きです。

あのほのかなミルクが香り立つ時など心が踊ります。

トーストの上で溶けゆく様など感動すら覚えます。

でも、切ったり塗ったりするときに手がベタつくのはいやだ……、そう思いませんか?

よろしい、ならば直塗りだ

Seria「直塗りバタースティック」108円(税込)

これぞ、バター狂いもそうでもない人も小躍りすること間違いなしの「直塗りバタースティック」。

このパッケージからして既に購買意欲をかき立てる…100均で手に入るシロモノとは思えませんね……!

このように、スティックのりのごとく必要な分だけバターを出して使うことができるのです。

悲しくも値上がり傾向にある貴重なバターを無駄使いすることなく、今までトーストに乗せてきた余分な脂肪分もカットできてしまう……かも。

(アレはアレでお楽しみなんですけどねー!)

何はともあれセットだ

本体を解体すると4つのパーツに。

トゲのついた台座の幅に合わせてバターを切り、それを台座に乗せて筒パーツに入れ、螺旋パーツを回しながら挿し込めば仕込みは完了です。

塗り心地はどうだ?

バターって、薄く削いでトーストに乗せれば溶けやすいけれど、固形のまま直塗りとなると塗り心地はどうなの?

……と心配しておりましたが、全然塗れるし、全然溶ける。

バターナイフのように力を込めて塗ることもなく、なんともなめらかなものです。

容器の内側にバターを塗ります。」

料理レシピでおなじみのこの工程も、手を汚すことなくスムーズに塗ることができました。

フタに目盛りがついているので、それに合わせて必要な分だけカットすることもできますよ。

残念なところ:セットしてしまえば楽なんだけど……

バターをセットするまではやはり手間に感じてしまうかも。

特に、螺旋パーツが挿し込まれるまではしばらく回す必要があります。

面倒でも無理矢理挿し込まないよう注意!下パーツを回してもバターが出てこなくなってしまいます!

収納時のコンパクトさも売りなのだ

冷蔵庫ポケットのスキマに収められるサイズがありがたいですね。

バターナイフなどの洗い物が出ないので、忙しい朝にも大助かり!

あなたもこのスティックで料理のひと手間、ふた手間を減らしてみませんか?

直塗りバタースティック[Seria]

【マイ定番】

1,000回以上の人気連載「マイ定番スタイル」では、ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい:


マツカ

函館生まれ、ときどき写真屋。 お酒のために体づくりを始めました。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking