haco

haco

4

水分補給が大事なこれからの季節、水筒やボトル類の出番がますます多くなりますね。

そんなときに活躍する長い柄の付いたスポンジは、便利だけどちょっと困ったことも……。

スポンジの固さが好みでなかったり、収納場所に困ったり、スポンジが古くなったらまだ使える柄ごと捨てなくてはいけないのもなんだかもったいない……。

ボトル洗いのスポンジ、どっちがいいの?

無印良品 柄付きスポンジ790円(税込)
ウレタンフォーム スポンジ・ハード(取り替え用のスポンジ)150円(税込)

こんな不満を全部解消してくれるのが、スポンジに長い柄がついた無印良品の「柄つきスポンジ」

昨年、柄が約27.5cmと長くなってリニューアルした、人気商品です。

セリア ハンギングステンレススポンジトング 108円(税込)

実はこの無印の「柄つきスポンジ」に似た商品が、セリアでも発売された模様

無印の人気商品に似ているけど、ちょっと違う。

どこが違うか、使い比べてみます。

スポンジつきorなし

無印良品

無印の「柄つきスポンジ」は、専用のスポンジ「ウレタンフォーム スポンジ・ハード」がはじめから柄についています

スポンジは、目の粗いタイプで水切れも抜群

古くなったら替えのスポンジを購入して付け替えれば、ステンレスの柄は繰り返し使えるのがうれしいです。

セリア

セリアの「ハンギングステンレススポンジトング」は、専用のスポンジがはじめからついているわけではないので、ステンレスの棒に好きなスポンジを取り付けて使います。

今回は、普段食器洗いに使っている、無印の「三層スポンジ」を使ってみました。

スポンジが古くなってもトングは再利用できるという点は同じですね。

洗い心地は?

無印良品

無印良品の「柄つきスポンジ」はハードなスポンジで、奥までごしごし洗えるのが気持ちいい。

また、丸くてコンパクトなので口の狭いボトル洗いにももってこいです。

スポンジを買い換えるときは専用のものでももちろんいいですが、セリアのトングのようにいつも使っているスポンジで代用することもできます。

セリア

一方のセリアも洗い心地は悪くないですが、取り付けるスポンジにもよるところ。

セリア

トングはセリアの方が締めつけが強い感じがするので、洗っている途中でスポンジがとれてしまう、ということはありません

ただし、取り付けるスポンジの大きさによってはボトルの口に入りづらいものも……。

トングには無印の柄つきスポンジ用の「ウレタンフォーム スポンジ・ハード」をつけることもできるので、無印のスポンジとセリアのトングを組み合わせてみるのもアリです。

フックの形がちょっと違う

フックの先端部分の形は、それぞれ少し違います。

無印良品

無印良品の「柄つきスポンジ」はフックの先端が曲がっておらず、こんなふうにS字フックなどにかけるのに適しているのに対し……

セリア

セリアの「スポンジトング」は先端が元から曲がっているので、バーなどに直接かけるのに向いています。

ただし、曲がったフックがボトルのフチに引っかかって洗いにくいことも……。

無印の方が若干長い

長さは微妙に無印の方が長いです。

セリアの方は高さが25cmくらいまでのボトルなら洗えますが、それ以上になるとスッポリ中に入ってしまい底まで洗えません

無印良品

無印の方が、セリアより少し柄が長いし、フックがまっすぐで引っかかりにくいので、三層スポンジを付けると高さ30cmくらいまではなんとか洗えそうです。

残念なところ:薄いスポンジは使えない…

どちらの柄もお気に入りのスポンジを付けられますが、メッシュタイプの薄いスポンジは、洗っているときに外れそうになることも……。

二重折りにして使うか、厚めのスポンジを使うのがおすすめです。

ボトル類はこれで清潔!

セリア

柄のついたスポンジを使うと、こんなふうにくびれて手の届きにくかったボトルや、口の狭い水筒などもしっかりキレイに洗えます。

無印良品

無印はもちろんのこと、セリアもお値段7分の1くらいでなかなかのクオリティ。

快適な使い心地でスッキリ収納できる「柄つきスポンジ」と「スポンジトング」。

これは試してみる価値ありですよ。

無印良品柄付きスポンジ

あわせて読みたい:



haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking