舟津カナ

舟津カナ

6

夏休みも近づき、旅行やアウトドアの計画を立てはじめるころ。

そんなとき気になるのが、機能性も携帯性も、見た目のかわいさも兼ね備えたアイテム

それならこんな、かわいいクジラのナイフがおすすめですよ!

職人が丁寧に作るクジラたち

かわいいクジラのシェイプをしたこちら、「クジラナイフ」という名前のミニナイフ

高知県の伝統工芸「土佐打ち刃物」のナイフです。

形の種類は写真の「ニタリクジラ」のほかに、ナガスクジラやマッコウクジラなど6種類あり、コレクションしたくなるほど愛嬌があるカタチをしています。

ナイフの表面には、「TOSA」の文字が

両刃なので、右利きでも左利きでも使いやすく、コンパクトなサイズ感は子どもの「はじめてのナイフ」としてぴったりですよ。

カタチだけでなく使い勝手も抜群

専用のケースは、ベルト通しのついているタイプと、紐を通して棚などに収納しておけるシンプルタイプの2種類から選べます。

私はベルトにつけて持ち運べる、ベルト通し付きケースを選びました。

キャンプでベルトにつけているとラクチン・安全に持ち運べるのがうれしい!

私の住むアメリカの州では、アウトドア中にガラガラ蛇などに遭遇することが多々ありますが、そんなときの護身としても役立ちます。

※日本では業務・キャンプ等の正当な理由を除いて刃渡り6cmを超える刃物を、すぐに使える状態で携帯することは禁止されています。

子どもに贈る「はじめてのナイフ」に

もともと、「子どもに鉛筆を削らせたいので、先が尖っていないナイフを作って欲しい」という要望から誕生したこの「クジラナイフ」。

私が持っているのはニタリクジラ型で、子どもの小さい手にも握りやすい形をしています。

今までナイフを持ったことがなかった6歳の甥っ子も、まずは練習で鉛筆を削ってみました。

無我夢中で取り組み、ちゃんと鉛筆を削ることに成功!

キャンプ場では、料理づくりに挑戦

嫌いなトマトも自分で切ると、食べられるようになりました

見ているとちょっとひやひやする場面もありますが、見守ることも大切なんだな~と実感。

家での中でもアウトドアでも大活躍!

アウトドアでは料理だけでなく、ヒモを切るときや袋を開けるときなど、さまざまなシーンで活躍

釣りシーンでは、釣り糸や魚をその場でさばくときにも使えますよ。

ただし、水に濡れたままにしておくと錆びてしまうので、アフターケアーはきちんとしましょう。

家では封筒を開けるときのレターオープナーとして使ったり、段ボールを開けるときのカッター替わりに活用したりできます。

プレゼントとしてアウトドア好きの家族へ送るのもあり!ですね。

今年の夏は、かわいいクジラとともにアウトドアライフを楽しみましょう。

くじらナイフ[土佐打刃物屋]

あわせて読みたい:



舟津カナ

ライター・ロケーションコーディネーター。旅行会社・編集プロダクションを経て、現在はアメリカLAを拠点に世界を飛び回る。山ガールというより山女。トゲトゲした山を見ると登りたくなる。形がかわいいという理由だけでパタパタする布張りのジープラングラーを購入。只今、かわカッコいい車へカスタマイズ中。ビールとオーガニックコスメをこよなく愛するアラフォー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking