南條祐弥

南條祐弥

2

洗濯ものを干すとき、もっとスペースがあればいいなぁ。

なんて思ったことはありませんか?

とくに部屋干しをしている家庭なら、省スペースで済ませたいところ。

普段は外干し派の人でも、梅雨シーズンは部屋干しになりがちです。

今回は、部屋干しの救世主「クレバーペグ」をご紹介します。

オーストラリア人夫婦が開発した「クレバーペグ」

クレバーペグは、オーストラリア人夫婦が考案した洗濯バサミです。

洗濯ものが重なって乾きにくい……なんて悩みを解消してくれる画期的なアイテム。

2007年にオーストラリアン・インターナショナル・デザイン賞を受賞しました。

日本でも注目が集まりつつある商品なので要チェックです!

両サイドで洗濯物を挟めます

一般的な洗濯バサミは、ハサミが片方にしかありません。

でも、クレバーペグはハサミ部分が両側にあるんです。

こんなふうに両側で洗濯ものを挟める洗濯バサミ。

その特性をいかせば、洗濯物の下に別の洗濯ものを干すことができます。

洗濯物を連結することで、横のスペースが少しで済みます。

1パック20個入なので、たくさん干せますよ♪

少しの力でしっかり開く洗濯バサミ

両側にハサミ部分がありますがコンパクトなデザイン。

少しの力で大きく開きますので、厚みがあるものも挟めます。

バネが硬くないので、ご年配の方や手が小さいお子さまでも使えます。

左右対称のデザインだから、右利きでも左利きでも使い心地は変わりません。

残念なところ:毛布など重いものは干せません…


厚手のバスタオルを連結できるほどのパワーをもつクレバーペグ。

それでも、重さに耐えられなかったり、素材によってきちんと挟めなかったりして落下する場合も……。

そのほか、洗濯物によって留め跡が残ることもあります。

洗濯ものの重さや素材に気をつけて使用してくださいね。

丈夫で錆びない! 耐久性重視の構造

クレバーペグは、金属を使用していません。

そのため、サビによる劣化や衣類にシミがつく心配がないんです。

バネ部分は、金属ではなくポリアセタールという樹脂を使用しているそうです。

クレバーペグは、便利なだけでなく長く使えるように作られています。

使い方いろいろ♪ 家庭だけでなくアウトドアにも

クレバーペグは、アイデア次第でいろんな使い方ができます

こんなふうに、シャツの前部分を留めて洗濯ものの落下防止。

ハンガーに取り付ければ、複数の洗濯ものを干せます。

わが家には、小さな子どもがいるので小物を干すのに活躍中です。

キャンプや旅行でも、洗濯ものを干すときに使えますよ。

洗濯に限らず、帽子やコップ、コードを吊るすこともできますし、

ポストカードを挟んで飾ればインテリアを楽しめます

ぜひ、いろんな場所でクレバーペグを取り入れてくださいね。

あわせて読みたい:



2

南條祐弥

大阪出身、東京在住。食と健康、女性のライフスタイルについての記事を執筆する薬膳ライター。家族が笑顔になる、暮らしが豊かになるアイテムを探すのが好き。家事・育児経験を生かし、衣食住が楽しくなる情報を発信します。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking