むく太郎

3

ちょいと外出するときに使いたいバッグ。サコッシュもいいけど、なんだかんだでモノを入れたりすることがあるから、もう一回り大きめのやつが欲しいんだよなぁ。

でも身軽にいきたいから、肩ひじ張らずにラフに使えるのがあればベスト。

幅広いアウトドアフリークから支持されるカナダの老舗アウトドアブランド・ARC’TERYX(アークテリクス)から、そんな悩みにぴったりのアイテムが出ていますよ。

アークテリクスのショルダーバッグ「INDEX10」

ARC’TERYX インデックス 10 5,940円(税込)

こちらアークテリクスから販売されている「INDEX10」というショルダーバッグ。

サイズは幅36×高さ30×マチ10cmと普段使いには、十分な大きさです。

素材はN210Pタイプ6平織りナイロンを使用していて、ハードユースにも耐えうる軽さと丈夫さが特徴。

重さは180g。iPhone並み

こちらのINDEX10。

本体重量はわずか180g。iPhoneXSとほぼ同等の重さです。

これなら、毎日持ち歩けますねぇ。

サイドから見た感じはこの通り。

マチもしっかりとあり、収納力の高さをうかがわせてくれます。

刺繍のロゴもグッド

バッチリ刺繍が施されたトレードマークもいい感じ。

ちなみにこのロゴのモチーフは、ハ虫類で初めて飛ぶための羽を持った「始祖鳥」をモチーフにしているそうで、

ブランド名「ARC’TERYX(アークテリクス)」は、この始祖鳥の学名にちなんだネーミングなんだとか。

では収納してみます

さっそく使ってみましょう。今回は、ワークアウト用のウェア類を入れるサブバッグとして。

mobotの水筒、ユニクロのTシャツ、ランニングパンツ、バスタオル、アシックスのキャップ、ベルト。

見るからに結構かさばりそうですが……詰めていきます。

結論からいいます。余裕でした。Tシャツがあと2枚は、楽に入りそうです。

メッシュの仕切りがあることで、モノがごちゃつかないのもいいですね。

ありがたいサイドポケット

ジッパー付きのサイドポケットが何げに便利で助かります。

B5サイズのダイアリーをもらくらく収納。タブレットなどを入れておくのもよさそうです。

ストラップを外せば、モードなシーンにも

ショルダーストラップは取り外し可能で、ビジネスシーンでも活躍しそうなトートスタイルにも対応。

これは個人的にありがたいポイント!

残念なところ:仕切りかポケットがもう少し欲しい…

シンプルなデザインと無駄を省いた機能性が魅力的なこのINDEX10。

そのため、ポケットはメイン収納部とフロントポケットのみ。

贅沢を言えば、もうちょっと仕切りかポケットがあればよかったかなぁ。

軽く畳んで持ち歩いても

こんな感じで折りたたんで、バックパックに詰め込めばプラスアルファのサブバッグとしても。

さすがアークテリクス。アウトドアフリークから絶大に支持されているだけあります。

これは買いではないでしょうか!

インデックス 10 [ARC’TERYX]

妻が一軒家でパン屋を開業することをきっかけにDIYを始め、次第にのめり込む。 工具の持ち方も知らない状態から、ハンドメイド家具の販売、店舗改装、什器製作、メディアでの執筆やTV番組の制作協力も行う。 2019年から、登山やキャンプなどアウトドアフィールドでの活動も拡大。 「自作のアウトドアギアでキャンプをもっと楽しく」が最近のテーマ。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking