oh!ga

oh!ga

1

今の部屋は基本的に昔から使っていた家具を使い続けているんです。

ただ、ソファだけは狭かったので、新しいモノにしようと思ってました。

結構悩んだ末に、JSF(ジャーナルスタンダードファニチャー)の「JFKソファ」に決定。

大統領気分になれてかなり気に入っているので、ぜひJFKソファの気に入ってるところを聞いてってほしいな~って。

適度な硬さと、フラットな広さ

座面は沈み込む感じではなく、高反発ベッドに近い座りごこち。

ソファの座り心地は人によって好みが千差万別かと思いますが、固めのソファが好きな人にオススメ。

柔らかすぎるとかえって不安定で疲れちゃったりするので、このくらいの硬さが僕にはちょうどいい。長時間座ってても全然疲れなくて好き。

普遍的なスタイル

JFKソファのJFKは、アメリカの35代大統領ジョン・F・ケネディの名前からとってます。

なんとなくレトロな外観は、1960年代のアメリカンテイスト。

アウトドアグッズなんかも置いてある今の部屋に、アメリカ感がちょうど馴染みましたね。

圧迫感が全然でない

サイズも幅170.0✕奥行92.0と大きいんですが、座面のクッションと脚はスマートなデザイン。

なので、圧迫感が全然でないのも気に入ってます。

残念なところ:寝てしまう…

残念なところというか、僕が残念なだけなんですが……。

夜、ソファで横になったら80%くらいの確率で寝ちゃうんですよね……。

広さもベッド並

さっきベッドに近い座りごこちと書きましたが、クッションを外せば広さもベッド並で。

おかげで寝室のベッドがめちゃくちゃ綺麗なままです……。

いつまでも新品気分で

このサイズのソファには珍しく、外側のファブリックが着脱式で丸洗いできちゃいます。

だからこそ、清潔感◎ですね。

さらに、ファブリック単体でも売ってるので、どうしようもなく汚れたりしたら買い替えもできちゃいます。

ただ、ファブリック単体で5~15万くらいするんでちょっと勇気がいりますけど……。

まだ2年くらいの付き合いですが、5年、10年と、カバーも変えながら長く付き合っていきたいと思えるソファーなんですよね〜。

1,000回以上の人気連載「マイ定番スタイル」では、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。

あわせて読みたい:



oh!ga

都内でWebディレクターをするかたわら、けん玉チーム「damassy」の一員としてけん玉普及活動にまい進するアラサー。日々けん玉動画を撮影してyoutubeにアップしたり、動画編集に追われてあっぷあっぷしてたりする。 ■youtube https://www.youtube.com/c/damassy

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking