むく太郎

6

アウトドアアイテムが日常生活でも活躍すると話題の昨今。家でも使えるいい感じの「おひとりさま用チェア」があったらいいなぁ。

もちろん、外にもガンガン持ち歩きたいからコンパクトになって、価格もリーズナブルだとベスト!

はい。重さ1kg以下で3,000円を切る「ゆったり座れる」折りたたみチェアがあるんです。

耐荷重は110kg!

こちらがアウトドアアイテムを展開するメーカー「Moon Lence」から販売されている折りたたみチェア。

ザ・折りたたみチェアというスタイルですが、その耐荷重は、110kgまで対応。

その華奢なフォルムからは想像できないタフさを実現しています。

重さは1kg未満。理由はその素材

このチェア、本体重量はわずか907g。1kg無いんです。

脚のフレームは、強度と軽さをあわせ持つアルミニウム合金。メタリックブルーがいい感じ。

座面生地も600Dオックスフォード布を使用しており、丈夫なつくりになっています。

組み立てもあっという間

組み立てにかかる時間は、わずか1分です。フレーム筒内で内部連結されており、パーツを紛失したりも一切なし。

「スポっ!」と半自動的に接合されていくから、ストレスフリー! 工具を使う手間もありません。

座面シートの四隅にあるポケットに、フレーム先端をセットしていけばOK。

指掛け輪もあるので、シートを掛けるのもスムーズ。

こういう気遣いって有ると無しではだいぶ違いますねぇ。

ゆったり腰掛けられる

さて、座ってみました。深く腰掛けるとしっかりホールドされて、ゆったりとくつろぐことができます。

使用時のサイズは、幅56×高さ66cmと、身長173cmのぼくが座るとこんな感じになります。

気になるところ:左右の動きにやや敏感

座ったときに、左右のグラつき感をやや感じます。

フレームの特性上、浅く座ったりするとバランスを崩してしまう可能性もあるので、深く腰掛けて使うことをおすすめします。

収納時は2Lペットボトルサイズに

使わないときこそ、この折りたたみチェアの本領発揮。専用ケースに収納してしまえば、なんと2Lペットボトルサイズ。これならどこにでも収納できるし、持ち運びも簡単にできます。

いよいよ本格化していくレジャーシーズンの到来!

持ち運び用、室内用、色違いで持っていると様々なシーンで活躍するのではないでしょうか。

DIYブログ「SHIe」執筆者。 民家改装という大仕事に触れ、DIYの楽しさ・素晴らしさに気付き、のめり込んでしまった平成生まれのサラリーマンです。 そこから生活の仕組みを探し始め、ブログ「DIYサラリーマン・むく太郎EX」を2015年より執筆。 2017年ごろから、DIYでさまざまなチャレンジをし、人生が大きく変わっていく。 「どうやったら、今より、良くなるか」 これがぼくの「DIY」の軸。

feature

外でしか使わないのは、もったいない…! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking