林 美由紀

林 美由紀

3

ちょっとしたメモをする時、いちいちスマホを出してロックを解除してメモアプリを立ち上げてフリック入力……って、結構面倒なんですよね〜。

かといってメモ帳を持ち歩いたり、バッグの中から取り出したりするのも面倒くさい……。

なんかこう、もっと簡単でスムーズにメモを取れるアイテムってないのかな〜!

物理的に「スマホにメモ」

wemo ケースタイプ 2,000円(税別)

そんな問題を、ありそうでなかった方法で解決しちゃったのが「wemo」ケースタイプ。

こちら、なんと直接メモできちゃうスマートフォンケース!

メモをしたい時にスマホを取り出して、サッとその場でケースに書き込めるんです。

「スマホにメモ」を物理的にできてしまうとは……。

これならいちいちメモ帳を取り出すことなく手書きでメモできますね。

確認したいときもすぐに見れるのはありがたい……!

繰り返し書ける!

独自のコーティングが施されており、油性ボールペンで書いた文字でも消しゴムや指で消すことができ、何度でも繰り返し使えます。

使っても消耗しないので、これは普通のメモ帳よりも便利かも……!

水に濡れても文字がにじまないのも特徴です。

カラーはダークグレー、コーラルレッド、ペールグリーン、ブルーグリーンの4種。

普通にケースとしてもかわいいですね〜。

これがあれば、メモの取り忘れや、取ったメモが無くなってしまうこともなくなるかも……!

あわせて読みたい:


ウェアラブルメモ「wemo」ケースタイプ [PRTIMES]
3

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking