SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

6

登山など、アウトドアでの水の確保は悩みのタネ……。

この水、本当に大丈夫かな?」「この水が飲めたらなぁ……。

そんな悩みを解決してくれる僕のお気に入りのアイテム、紹介します!

泥水すら飲料水に変えてしまう…!?

GRAYL「UL.ウォーターピュリファイヤーボトル」6,980円(税別)

こちら、グレイルの「UL.ウォーターピュリファイヤーボトル」。アウトドア用の浄水ボトルです。

水道水専用の浄水ボトルはいろいろと発売されていますが、もちろん水道水以外には使えない……。

この浄水ボトルは、そのままでは飲めない川や水溜りの水を飲料水に変えてしまうほどの浄水能力があるのです!

病原菌やウイルスまでも除去してくれるよ

<有害物質除去率>
・ウイルス除去率99.9999%(ロタウイルス・ノロウイルス・A型肝炎ウイルスなど)
・バクテリア除去率99.9999%(大腸菌・サルモネラ菌・コレラ菌・赤痢菌など)
・原虫除去率99.9999%(エキノコックス・ジアルジア・クリプトスポリジウムなど)
※製造元提供データに基づく除去率
出典:モンベルオンラインショップ

たとえば北海道の河川は、キツネが媒介するエキノコックスという恐ろしい寄生虫が存在することで有名。本州以南の河川や湧き水も、必ず安全というわけではありません。

一見きれいそうに見える沢水や湧き水も、動物の死骸や糞などによって汚染されている可能性が十分あります。

登山などアウトドアの最中に、腹痛など体調を崩してしまうのは避けたい……。

このボトルがあれば、そういった危険を回避し、安心して飲料水を確保することができるんです。

浄水はワンプッシュするだけ!

まずは、内側の筒を引き抜きます。

次に、外側の容器に浄水したい水をすくいます。

あとは、内側の筒に体重をかけて約15秒押し込むだけ!

たったこれだけで約500mlの飲料水を確保することができるので、力の弱い方でも楽に使用できますよ。

「安心安全」はおいしさにも影響するのだ

「この水、大丈夫かな?」と不安に思いながら飲む水と、安心して飲む水とでは、不思議と味の感じ方もまったく違ってくるもの。

清流と呼ばれているようなキレイな川の水でも、そのまま飲むと実はかなり生臭いニオイがすることも……。

このボトルで浄水すると、ほぼ無味無臭のクセのない水に。そのまま飲んでもおいしいし、コーヒーや紅茶の風味も邪魔しないんです。

一度この安心感を味わうと、恐る恐る飲むなんてことができなくなりました……。

体重をかけてろ過するという新発想

ちなみに浄水ボトルは今までいくつか使ってきましたが、どれも一長一短……。

ひとつは、このようにホースを水源に入れてから、本体をポンピングして浄水するタイプ

使用前に組み立てたり、使用後には全て分解してホースや細かな部品まで乾かしたりと、準備や片づけに手間がかかります……。また、浄水した水を貯める空のボトルも別途必要。

いちいちザックの奥から取り出したり準備や片付けの手間が多いと、だんだん使わなくなってしまうんですよね。うちのは押し入れで長い間冬眠しています……。

もうひとつは、グッと握ったり吸い出したりするタイプ

準備も片付けも楽で持ち運びもしやすいのですが、握る力や吸い出す力がかなり必要です。

テント場などでまとめて水を確保したいときに苦労したので、テント泊では持っていかなくなりました……。

従来品と比べると、グレイルの浄水ボトルは自分の体重を使用して「ろ過」するという新しい発想。

1年半ほど前に発売になったのですが、「これだ!」とピンときたので即予約して購入。今では、登山に欠かせない相棒です!

残念なところ:フィルターの寿命は短めかも

内側の筒の先には、フィルターのカートリッジが付いています。

約300回の使用で交換とのことなのですが、他社の製品に比べて少し早い気がします……。

けど、毎月2回アウトドアで使ったとしても2〜3年ほどは使えるので、僕の登山頻度だと十分かも?

交換しやすいのも助かるな〜

交換用のカートリッジは2,980円(税別)と、良心的な価格。

浄水にかかる時間が15秒から30秒ほどに延びてきたら交換時期というのもわかりやすくていいですね!

僕はオレンジを購入しましたが、ブルーも発売されています。

防災グッズとしても◎

カートリッジひとつで約300回ということは、150L(約お風呂1杯分)の水を浄水することが可能ということ!

2Lのペットボトルだとなんと75本分です。

わが家も台風や地震で断水したときのために水を備蓄しているのですが、このボトルがあれば、いざというときトイレのタンクや湯船の水が利用できるという安心感があります。

軽量でそのまま持ち運べる!

浄水し終わった水は、そのまま持ち運ぶことが可能!

付属のフタを取り付けたら、そのままザックのポケットに差し込んだり……

カラビナを付けて、腰や肩からぶら下げたりもできますよ。

これなら、いつでもすぐに使うことができますね!

本体重量は約300g。ということは、300mlの水を現地で浄水すれば持っていった重さはチャラになります!

登山の荷物の軽量化は永遠のテーマですよね。特に水は重たいし、適量を計算するのにいつも悩む……。

グループにひとつあるだけでも全員の荷物が軽くなりますし、ロの登山や渓流釣り、キャンプでも水が足りないかも?という不安から解放されました。

アウトドアでは、常に「もしも」の準備が必要

登山などでは、常に万が一の事態に備えておく必要があります。

たとえば道に迷って遭難してしまったときは、飲料水を確保できるかどうかが生死の分かれ目になることも……。

転倒して怪我をしたときや、虫に刺されたときなども清潔な水に余裕があれば、傷口をきれいに洗うことができます。

自然の中でも、手軽に安全でおいしい水を確保できるこの快適さ、ぜひ体験してみてください!

UL.ウォーターピュリファイヤーボトル[GRAYL]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking