Bon-Masu

Bon-Masu

3

バックパッキングが文化として日本に入って来た時。

関連本や雑誌の写真やイラストで、印象的だったのはローラークラッシャーハットと長い杖でした。

しかし、富士登山の木製の金剛杖以外の杖は使わなかったですね。

日頃私が親しんでいる、高低差があるショートトレイル向きではないと思っていました。

伸び縮みする軽量のトレッキングポールが発売されても、私は必要ないと思っていました。

きっかけは体力、頼もしいポールです

体力低下を実感した三年前からトレッキングポールを使い始めたのですが、馴れると実に頼もしい道具です。

シンプルに歩くのが楽になります

下りで膝や股関節などの弱い箇所を、意識的にカバーすることができます。

手頃な棒を持っていることで、単独行の不安が和らいだりもします。

ケモノの気配が濃厚な時など、結構頼りにしています。

アルパインカーボンポール アンチショック

モンベル アルパインカーボンポール アンチショック 税抜7,800円

私が使用しているのは、「モンベル」の「アルパインカーボンポール」です。

使用時のシャフト全体にかかる負荷を検証し、各段ごとに強度を最適化することで軽量化と強度を向上させた、片側約200gのポールです

内蔵スプリングによる衝撃吸収システムを搭載しています。

3本継ぎで、縮小時は63cm。 使用時の00長は、105~130cmです。

まずはサイズの調整

サイズの調節は大事です、肘の高さ程度に調整するのが良いようです

登りでは少し短め、下りでは前方(の斜面の下側)に杖をつくので、長めにするなどと言われています。

しかし使いやすいサイズは人それぞれなので、お好きなように調整してください

安全のために、格段のスクリューをしっかりと締めましょう

プロテクターは重要

ポールの先端は石突きと呼ばれ、硬い金属ビットが付いています

特定の条件下での安全確保に重要なものですが、ほぼ使いません、アイスバーン専用ですかね。

この硬い先端が、山道や植生に結構なインパクトを与えてしまいます、通常利用では必ずプロテクターをつけて使いましょう

以前使っていた外国製のポールは、このプロテクターがなくなっていたことが何回かありました。

モンベルのポールでは、ポール先端の金属製の突起がプロテクターに引っかかり、脱落するのを防いでくれます。

3年間使用し1度もなくしてません、これは本当に嬉しい

残念なところ:次の日腕にも筋肉痛が

馴れるまでは、腕が筋肉痛になったりもします。

馴れるまでは少し時間がかかりますが、足腰への負担は確実に軽減されますよ。

私のオススメは、膝、股関節、腰をカバーするために段差のある下り時、前方に2本のポールをついて着地時に体にかかる荷重を分散する方法です。

このような使い方をすると、内蔵スプリングにより手首にかかる負担も軽減されます。

マルチに使いこなそう

ポールの重量は2本で400gです。

荷物の軽量化に腐心している者としては、400gの装備というのはかなりのウェイトですが。

足腰の負担軽減を図りたい方は、ぜひ導入して見てください。 本当に楽ですから

しかし少し考え方を変えて、例えばテントのポールとしても使うとか……。

テントの前室用のミニタープのポールとしても使うなど、マルチな役割を作るのも良いですね。

モンベル アルパイン カーボンポール

あわせて読みたい:


3

Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking