小池田

小池田

1

おやつの時間、ごはんのあと……ホッと一息つけるティータイムは、一日のなかでも特別な時間。

とはいえ、茶葉のことはよくわからない……そんな方にぴったりの革新的なサービス、始まってました……!

お茶のサブスクってどういうこと…!?

5月2日(木)よりスタートした「TOKYO TEA JOURNAL」は、なんとお茶のサブスクリプションサービス!

月額500円(税込)で月に一度、日本全国から月替りの茶葉2種類とそのお茶のストーリーを取材した情報誌がポストに届くのだとか。

全国から24農家が参加しており、初年度は24種類のシングルオリジン煎茶が楽しめるそう。

自宅にいるだけでこだわりの茶葉が楽しめるなんて贅沢……!

普段何気なく飲んでいるお茶だけど、続けていけば味のちがいがわかるようになるかも。

お茶のこと、もっと深く知れそう

構想から約2年間に渡り、全国各地の生産者の元を訪れてインタビュー撮影・取材を行ってたという情報誌も読み応えがありそうだな〜。

情報誌に記載されるQRコードにアクセスすると、その映像も視聴することができるのだとか。

本やインターネットの情報だけではわからなかったお茶のこと、作り手の表情や声……。

生産者のことをより深く知ることで、新たなお茶の味わい方を楽しめそうですね。

ライフスタイルにお茶の時間を

また利用特典として、煎茶堂東京の直営店舗やオンラインストアでのお買い物が15%OFFに。

人気の透明急須や陶磁器のカップ、砂時計など……ちょっとずつ揃えていくのも楽しそう!

申し込みは、煎茶堂東京オンライン「TOKYO TEA JOURNAL」ページより可能です。

ワンコインでお茶のサブスクが楽しめる時代、けっこうスゴイな……。毎日のティータイムをもっと特別なものにしてくれそうです。

TOKYO TEA JOURNAL

あわせて読みたい:



小池田

北海道うまれの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking