髙阪正洋

髙阪正洋

2

1989年、カナダ・ノースバンクーバーで誕生した、ARC’TERYX(アークテリクス)

「最高のマテリアル、最高の技術、そして革新的なデザインで商品を作り上げること」をコンセプトに、広大で過酷なフィールドに囲まれた環境下で優れたプロダクトを生み出しています。

そんなARC’TERYXのアイテムから、「クラフトな遊び心地」を掲げるROOMIEが「コレはワクワクする!」と興奮したものを定期的にご紹介していきます。

今回は、ARC’TERYX原宿ブランドストアからお届け。

これからの時期にマスト!

ARC’TERYX 「アンドラ コート」64,800円(税込)

軽くやわらかい着心地でありながら、横殴りの雨からもしっかり身を守ってくれる「アンドラ コート」は、ARC’TERYXのウィメンズアイテム

特にゲリラ的な豪雨の多い都心部では、おおいに活躍が期待される1着です。

原宿ブランドストアの宇根さんに、その魅力を語って頂きましょう!

まるで、ゴアテックスじゃないみたい

素材には「3Lゴアテックス」と「ゴア® C-ニット™ 裏地技術」を組み合わせているので、十分な防水性を備えながら、優れた透湿性により蒸れの心配もありません

ゴアテックス特有の、パリパリした質感や嫌な衣擦れ音もないのがとても魅力的なポイント。

いわゆるな防水ウェアが苦手な方にもオススメです!

たしかにレインウェアって、普段着として羽織ると、カラーや素材感がどうしても浮いちゃうのがいつも気になってたんだよね……。

この「アンドラ コート」なら、そんなこと気にせずファッションの一部として取り入れられそうだ!

機能着だって、やっぱ見た目で選びたいよね!

一年のうちで活躍する期間も短いレインウェアだからこそ、こういうベーシックさがうれしい

シルエットは、タイトでもゆるすぎもせず、どんなスタイリングにも合わせやすいベーシックなもの。

「トレンチ感覚で着てほしいですね」と宇根さんが話すとおり、流行り廃りないデザインだから、一度買ってしまえば来年再来年と着られそう!

ポケットには止水ジップが搭載されていて、その上にフラップが被せてあります。

細かい点のようだけど、止水ジップが見えにくいからアウトドアテイストも抑え目になっているのかしら

ちなみに、ジップにはこちらの記事でも紹介した「RS™ ジッパー スライダー」という規格が採用されていますよ

フードは、アジャスターコードによってフィット感を高められる仕様に

これなら、横殴りの雨でもしっかり顔をガードしてくれそうで安心。

自転車に乗っているときフードが風でめくれてしまうこともなさそうだ!

独特なカラーも魅力的さ!

そして、「ウィスキージャック」と呼ばれる独特なネーミングのカラーは、アークテリクスのお家芸でもあります。

この色味自体、ほかのメーカーさんではなかなか展開しないタイプのものだと思います。

機能うんぬんももちろん大切ですが、まず、このカラーリングを気に入って手に取ってくれるお客さまがとても多いんですよ!

アウトドアウェアとしての十分な機能を備えていながら、良い意味で“らしからぬ”見た目が特徴の「アンドラ コート」

機能着だからって見た目を妥協したくないという気持ちに、寄り添ってくれてありがとう!

アンドラ コート ウィメンズ[アークテリクス オンラインストア]

あわせて読みたい:



Photographed by Kenya Chiba

髙阪正洋

ファッション、ライフスタイルまわりで、編集・ライターのいろはを学び、ひた走る日々。いつの日かROOMIEアイス部員に抜擢されんと、就寝前のアイスが20年以上やめられないでいることをココにしかと明言しておく。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking