mediagene mediacommerce

ライフハッカー[日本版]からの転載

バックパックといっても、多種多様。
カジュアルに使うものとビジネスで使うものを1つにまとめることはなかなか難しいものです。
しかし、仕事でもビジネスでも使えたら? それは、無敵のバックパックではないでしょうか。
Topologie(トポロジー)は、実際にクライミングで使われるツールやギアからインスピレーションを受けたプロダクトを展開するブランド。「都市生活と大自然」をテーマに、アウトドア製品を普段の生活で使いやすいようデザインしています。
その中の1つである「Multipitch Backpack」は、アウトドアのデザインや機能性を取り入れつつも、ビジネスでも使いやすいシンプルな作りと落ち着いたカラーリングが特徴的なバックパック。
マルチピッチ(距離の長い)クライミングにおいて使用される、超軽量バックパックからインスピレーションを受け誕生したこちらのシリーズは、撥水性の高いウォッシュドナイロンを使用し、機能的かつ軽量に作られているんです。
サイズはSmallとLargeが展開されていて、男性でも女性でも取り入れやすいのはもちろん、普段使いから1〜2泊くらいの旅行にまで使用できる優れもの。
今回は、「Multipitch Backpack」を実際に使用ながらご紹介していきます。

Multipitch Backpack Largeの特徴

Photo: Ayaka Takei

大きめサイズの「Multipitch Backpack Large」の主な特徴4つ。
・15インチまでのラップトップ用ポケット
・撥水素材、止水ジッパー
・内容量22L
・携帯や財布等にクイックアクセスできる背面ポケット
パソコンを入れるポケットはもちろん、15インチのノートPCまで対応というその容量の大きさが魅力。また大事な書類やガジェット類を守る、撥水素材や止水ジッパーも、今やビジネスバックには欠かせないポイントですね。

Multipitch Backpack Largeの外観・色

カーキやブラックなど、アウトドアの雰囲気も取り入れながら、ビジネスでも使いやすい色がチョイスされています。どれも落ち着いたカラーなので、スーツやジャケットに合わせることもできるでしょう。

腰あたりまでバックパックが伸びているので、カジュアルな印象は強めではありますが、2泊くらいの旅行にも対応してくれそうな安心感のあるサイズ感です。

カーキ

Photo: Ayaka Takei

Photo: Ayaka Takei

ネイビー

Photo: Ayaka Takei

Photo: Ayaka Takei

ブラック

Photo: Ayaka Takei

Photo: Ayaka Takei

ネイビーとブラックなら、シャツやジャケットなどに合わせてビジネスシーンでも併用できるでしょう。カーキは少し柔らかな印象になるので、カジュアルな雰囲気にぴったりですね。

すべてに共通していえるのは、外観がとてもシンプルだということ。アウトドアのバックパックというと、ポケットがたくさんついていたり、紐が垂れていたり、Theアウトドアといった印象があるものですが、「Multipitch Backpack Large」はシンプルなんです。
ビジネスシーンでバックパックを使う人はわかると思いますが、スマートでシンプルなバックパックを使いたいところ
これなら、ビジネスシーンにも馴染むし、オフの日だってちょっとした遊び心をプラスできるアイテムと感じました。

汎用的すぎるバックパックの機能面
「Multipitch Backpack Large」は、デザインと合わせ機能面も見所。3つに分けてご紹介します。

① 22Lで大容量かつ軽量

Photo: Ayaka Takei

繰り返しになってしまいますが、やはり容量の大きさは外せません。どのくらい入るとかいうと、たとえば枕がすっぽりと入るほど。

Photo: Ayaka Takei

枕を常に持ち運ぶ人はいないと思いますが、カメラ機材やパソコン、飲み物にお弁当なども入れることだって可能です。
他にも、ジムやランニングのシューズやシャツなども仕事道具と一緒に入れられるような容量。仕事用とジム用でバックを分けずに、これ1つで完結する手軽さもありますよ。
そして、マルチピッチクライミングで使用する超軽量バックパックをモチーフにした、ナイロン素材の軽量さも見逃せないところ。大きいバッグにはつい荷物をたくさん入れてしまうので、バックパック本体はなるべく軽いのを選びたいものですよね。たくさん入るのに軽いというだけでヘビロテアイテムの仲間入りだなと感じました。

② 止水ジッパー採用の隠しポケット

Photo: Ayaka Takei

外側のジッパーは止水ジッパーを採用。これにより、うち側へ水が入らない仕組みになっています。さらに撥水性のある生地も使用されています。

Photo: Ayaka Takei

そしてジッパーは背中が当たる背面にもありました。こちらも止水ジッパーが使われていて、アクセスしやすいので、すぐに取り出したい小物系の収納に便利です。
また、背中に面しているので勝手に開けられてしまう心配も軽減されています。防犯性も高いので、安心して貴重品を入れておけそうですね。

③ ビジネスで使いやすい内ポケット

Photo: Ayaka Takei

最後は、内側のポケット。とっても使いやすいです。まずPCポケットは、15インチに対応。15インチ以上のパソコンを持っている人ってかなり稀だとは思うので、ほとんどすべての人が使えるサイズですね。ファイルや資料なども一緒に入れることもできますよ。

Photo: Ayaka Takei

その他、名刺入れ、スマホ、モバイルバッテリー、文庫本、手帳が入るサイズのポケットが2つ。小物の整理に便利です。

Photo: Ayaka Takei

内側もシンプルですっきりとした印象。ガバッと大きく開けることができるので、中の確認も楽々です。

アウトドアにも使おう

Photo: Ayaka Takei

これからの季節、やっぱりアウトドアや旅行のお供にしたいと思うんです。
雑誌が難なく入るし、撥水素材を使っているし、軽量さにも気を使っています。海や山を見ながら、雑誌を読むなんてことも、今年はしてみたくなりましたよ。
「Multipitch Backpack Large」は税別14,000円。詳細は以下のリンクからご確認ください。
*ご紹介したアイテムの仕様は執筆現在のもので、マイナーチェンジ等の変更が生じる可能性がございます。詳細は販売ページよりご確認ください。リンクはそれぞれカラー別になっています。

>>「Multipitch Backpack Large Black」のページへ
>>「Multipitch Backpack Large Navy」のページへ
>>「Multipitch Backpack Large Green」のページへ

Photo: Ayaka Takei

「Multipitch Backpack Small」は、19Lの容量で13インチのPCが入る程度の大きさ。

機能面はLargeと同等ながら背負った時の雰囲気もコンパクトになり、よりタウン使いもしやすい印象を受けましたよ。

カーキ

Photo: Ayaka Takei

Photo: Ayaka Takei

ネイビー

Photo: Ayaka TakeiPhoto: Ayaka Takei

Photo: Ayaka Takei

ブラック

Photo: Ayaka Takei

Photo: Ayaka Takei

Largeと比べると、見た目もひとまわりコンパクトに。縦幅が短くなるので、ころんとした可愛らしい雰囲気もありますね。

Photo: Ayaka Takei

「Multipitch Backpack Small」は、は税別11,000円。詳細は以下のリンクからご確認ください。
*ご紹介したアイテムの仕様は執筆現在のもので、マイナーチェンジ等の変更が生じる可能性がございます。詳細は販売ページよりご確認ください。リンクはそれぞれカラー別になっています。

>>「Multipitch Backpack Small Black」のページへ
>>「Multipitch Backpack Small Navy」のページへ
>>「Multipitch Backpack Small Green」のページへ

そのほかのTopologieのアイテムは以下のリンクよりチェックしてみてくださいね!

>>「Topologie(トポロジー)」のアイテム一覧へ

Photo: Ayaka Takei
Source: THE UNIT STORE
(島津健吾)

mediagene mediacommerce

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking