Harukichi

Harukichi

大きいものから小さいものまで、様々なシーンを想定して作られている懐中電灯。

だけどさすがに、ここまで小さいものは見たことないのでは……?

豆つぶみたいだ……

ボールペンの先っぽのような形をしたこちらは、「Sub」という懐中電灯

ご覧のとおり、めちゃくちゃ小さいんです。

長さは1インチ(約2.5cm)で重さは8グラム(500円玉1枚分ほど)と、コンパクトを通り越してもはやミニマム

INDIEGOGOのアイテム紹介ページによると、世界最小のサイズなんだとか。

こんなふうにジッパーに取り付けたりキーホルダーにしたり、ネックレスにして首からぶら下げたりと、いざというときのために身につけていても邪魔になることはなさそう

小さくてもアイアンマンのごとく強い

そして驚くべきは、そのタフさ

車に踏まれたってなんのその。

水に落としたって……

たとえ燃え盛る炎に焼かれたって、全然へっちゃら!

素材はチタンかアルミの2種類から選べるとのこと。

懐中電灯界のアイアンマン(鉄じゃないけど)とでも言わんばかりのタフさ。見習いたいものです。

どのくらい光るの?

明るさは40ルーメン。

これだけ小さいと、さすがに広範囲を照らすことは難しそうですが、足元や手元を照らすのには十分そう。

それに、雑な扱い方をしたって少しもダメージを受けなさそうなのが、アウトドアにも向いてるなぁ、と。

海外のクラウドファンディングサイトINDIEGOGOにて$19(約2,000円)から入手可能で、日本への発送も対応しています。チェックしてみてくださいね〜!

Sub – The World’s Tiniest Ti Torch[INDIEGOGO]

あわせて読みたい:



Harukichi

編集・ライター|鍵盤弾き。ネコをこよなく愛してます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking