ng sh

ng sh

3

最近流行りの完全ワイヤレス式イヤホン。

Bluetoothの無線接続で左右が独立しているので、コードの煩わしさがない! と人気のようです。

でも使わないときにいちいちポケットにしまうのって、かさばるし面倒じゃないですか?

身軽さ重視の筆者は、完全ワイヤレスよりこっち派です。

しまう必要ナシ!

言わずとしれたオーディオメーカー、Beats by Dr.Dreのカナル型イヤホン、BeatsX。

観てわかるように、完全ワイヤレスではありません。

でも、身軽に外出できる秘密があります。

秘密は、左右のイヤホン部分に内蔵されているマグネット。

こんな感じで、左右がピタッとくっつきます。

これのおかげで……

使っていないときに、肩にかけておいてもぶらぶらしない!

この状態で安定してくれるので、使っていないときもポケットやバッグに収納する必要がないんです。

手ぶらで外出したいときにかなりありがたい機能です。

Apple製品との相性が最高

BeatsのイヤホンはAppleの公式アクセサリーのため、iPhoneなどApple製品との相性がとっても良いんです。

BeatsX側のボタンを押すと、勝手に近くにあるiPhoneに通知が来て、接続ボタンを押すだけでBluetoothの接続が完了!

Bluetoothがオフになった状態からでも、これだけの操作で接続ができちゃうんです。

このスムーズさはなくなりますが、AndroidなどAppleじゃない製品でも問題なく使用できますよ。

「バッテリー問題」も気にならないな〜

さらに便利なことに、充電の端子がiPhoneと同じライトニングケーブルになっています。

わざわざイヤホンを充電するためのケーブルを持ち歩かずとも、モバイルバッテリーなどで充電ができちゃうんです!

バッテリーはフル充電で8時間持ってくれるので、1日持ち歩く分には申し分ない性能です。

5分の充電で約2時間の再生ができるぐらいまで回復してくれる「Fast Fuel機能」がついているので、お出かけ中にバッテリーが切れてしまっても安心です。

収納はしづらい…

首にかけたときに安定するように、コードはちょっと太めにできています。

そのため、ポケットやカバンにいれて収納しづらいという問題が……。

基本的にはずっと肩にかけっぱなしの使い方がおすすめです。

身軽さで選ぶならコレだね〜

しまう必要がない上に、ライトニングケーブル以外のケーブルを持ち運ぶ必要がない点でも、身軽なおでかけの味方だな〜という印象。

最近どんどん新しい製品が登場している完全ワイヤレスイヤホンですが、果たしてこの身軽さに勝てるものが出てくるのかどうか……。

まだしばらくはBeatsXのお世話になりそうです。

あわせて読みたい:


BeatsX[Beats by Dr.Dre]

ng sh

1994年生、フリーランスのライター、カメラマン、編集者。

feature

たくさんの荷物を持たず、構えず、身軽に爽やかにタウンを歩く。そんなイージーなライフスタイルをご紹介。さぁ「ミニマリスト」から「ミガリスト」へ!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking