きむ(ら)

きむ(ら)

全然ドラムとかやったこと無いけれど、ノリの良い曲を聴いている時に「自分もドラム叩きたい……」と思ったことないですか?

私はあります……。プロのドラマーみたいに、自由自在にビートを刻めたら最高に気持ちいいだろうな、と。

でもドラムセットを購入するほどの覚悟は無くて……。

これがドラムキット…?

電子楽器メーカーKORG(コルグ)の「CLIPHITドラムキット」が、そんな私の欲求にこたえてくれました。

丸くて白い宇宙船のような本体から伸びるケーブルを、コップ等にクリップで取り付けることで、色んなものがドラムキットになります

え?何を言っているの……? という感じですが、マジです。

クリップについたセンサーがちょっとした振動を捉えて、それを音に変換してくれるという仕組みのよう。

先ほどの写真のセッティングだと、紙コップを叩くことでドラムの音が出てきます

鉄のチェーンに取り付けてみると、揺らすたびにビートを刻むという不思議なことに。

ちなみにこのクリップ、しっかりと開く構造になっていて、500円硬貨位の厚みであれば、しっかりと食い付いてくれます。

見た目によらず本格的!

ポップな見た目の「CLIPHIT ドラムキット」ですが、侮ることなかれ。

専門メーカーが作っているだけのことはあって、音の強弱やハイハットのオープンやクローズもでき、なかなか本格的な演奏が出来ます!

オフィシャルのyoutubeチャンネルの動画を見ると、指だけでもの凄い演奏をしており、このマシンの可能性を感じさせてくれます。

小さい子供でも直感的に楽しめる!

我が家には、先日2歳になったばかりの娘がいるのですが、木琴をやらせてみても音階を奏でるのはちょっと難しいらしく、力任せに叩くだけ。

そんな娘も、CLIPHITなら手で叩くだけで綺麗な音が出るので、毎日楽しそうに叩いてますよ~!

ボリュームもツマミで調整可能なので、こちらも耳が痛くならずに助かりますね。

ジャンルパターンが全部で11種類も入っているので、子供が飽きにくいのもグッドポイント。

残念なところ:コードがちょっと邪魔…

本体からは、フットペダルと電源の分も含めて、最大で6本のコードが出ることになります。

これを捌くのがちょっと面倒なんですよね……。

シュルシュルっと巻けるリールのような仕組みが付いていると、絡まなくなるので便利だと思うんだけどな……。

本体だけでも楽しめる

先ほどケーブルが最大6本出ると書きましたが、全てのケーブルを無くしても演奏出来るんです。

その方法とは、ズバリ本体only!

単三電池だけで稼働する本体にもセンサーとスピーカーが付いているので、カホンのような使い方であれば本体だけでポコポコ鳴らせます

この使い方が結構好きで、ソファーでくつろぎながら、コンガドラムの音色で叩くと何だかリラックスできるんですよね~。

大人も子どもも楽しめる「CLIPHITドラムキット」、やってみるとハマる逸品です!

新発想のクリップ・ドラム・キット、CLIPHIT新登場。[KORG]

あわせて読みたい:



きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 2歳児(娘)の父 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking