tanakatanaka

1

ライフハッカー[日本版]からの転載

そこの彼氏さん、旦那さん。
彼女さんや奥さんに感謝の気持ちを伝えられていますか?
付き合いが長くなればなるほど、気持ちを伝えるのが恥ずかしくなるのもよくわかります。でも、思っているだけでは、何も伝わりません。
そこで、助け舟を出してくれるのが、感謝の気持ちを絵本で送れる「シカケテガミ」。

シカケテガミとは?

Video: シカケテガミ/YouTube
シカケテガミは、恥ずかしくて伝えられない感謝や愛情の気持ちを、絵本にして送れるサービス。以下の5つの手順で最短3分で絵本が作れます。

手順:
・基本情報の入力
・主人公の顔の選択
・選択分の選択
・自由メッセージの入力
・推薦人/推薦文の入力

こうしたサービスを利用するとき、言葉を考えたり、イラストを考えたりするのが負担ですが、ある程度テンプレート化されているので、最小限に抑えられています。カスタマイズ性と簡易性を両立したサービスです。しかも、完成した絵本は書店で売られているものと見間違えるほど。完成度がかなり高いんです!
よくよく思い返してみると、私も日頃の忙しさを理由に面と向かって感謝の気持ちを伝えることを怠っている気がしていました。この機会に、シカケテガミで絵本を作って送ってみましたよ!

1. イラストの作者を選ぶ

まずはイラストのテイストを選びます。選択肢は2人のイラストレーターさん。ここで選んだイラストのテイストが全てのページに適応されるので、本当に気に入ったほうを選ぶことをおすすめします。

シカケテガミ(絵:中川 貴雄)

Image: シカケテガミ

中川さんはほんわかしたテイストが特徴です。絵が非常にシンプル。感謝の気持ちを伝えるイラストにぴったりな気がたので、私は中川さんを選びました。

シカケテガミ(絵:金井 淳)

Image: シカケテガミ

金井さんは、遊び心があるテイストの絵が特徴。絵本っぽい絵ですが幼稚すぎず、恥ずかしい気持ちを隠すにはこちらのほうがいいような?
どちらがいいというのは、直感で決めるのがいいと思います!

2. 個人の情報を入力する

Image: シカケテガミ

次に個人情報を入力します。個人情報といっても、パートナーの呼び方や子どもの人数などです。ここで入力した情報は、絵本の中にも登場するので真面目に入力するのがいいかと。
たとえば、「〇〇ちゃんにはいつも迷惑をかけてばかりだけど〜」といった部分にパートナーの名前が入ることになります。

Screenshot: シカケテガミ

そして次に、イラストに登場する自分とパートナーの絵をカスタマイズ。ここのカスタマイズ性がかなり高く、目、髪型、口、ほっぺにいたるまで細かく設定できます。本当に、自分自身のアバターのようになるので、絵本になった時はちょっと感動ものです。
やっぱり絵本がベースになっているので、登場人物が自分やパートナーに似ているというのは非常に大切で。実際にできた絵本を読んでいると、物語に入り込める深さが違いますよ。

ストーリー(イラスト)を5つ選ぶ

Image: シカケテガミ

次にストーリーを5つ選びます。さまざまなテンプレートが用意されているので、自分で文章やイラストを考える必要はなし。気に入ったストーリーを選ぶだけです!

え、それでは愛が足りない? そんなことありません。絵本を自分で作るのは構成を考えたり、イラストを考えたり、かなり大変なこと。そもそもこうして絵本を送ろうとしていること自体が、大切なことなんです。それに最後には、自分の言葉を入力できるページがあるので安心してくださいね。

Screenshot: シカケテガミ

イラストはおもしろ系から感動系など、さまざま。種類が豊富に用意されているので、自分の気持ちに合致するイラストが必ず見つかるはずです。よく喧嘩をする人は、このイラストがバッチリと合うのでは?全部で5つ選ぶので、ここが一番時間がかかるかもしれません。いくつか例をご紹介しますね。

ストーリーの例:

Screenshot: シカケテガミ

Screenshot: シカケテガミ

Screenshot: シカケテガミ

Screenshot: シカケテガミ

Screenshot: シカケテガミ

イラストを全て確認してみましたが、文章もイラストも全て完成度の高いものでした。読んでいるだけで、ちょっとウルっときてしまった…。

最後のページのメッセージを入力する

Screenshot: シカケテガミ

そして最後に自分で文章を入力することが可能です! ここが唯一自分の言葉を入れられるところ。最大8行で、1行あたり21文字を入力できます。他はカスタマイズできますが、ここだけは自分の言葉で。
この言葉が絵本の最後に来ます。その前のイラストや言葉たちは、あくまでもここまでの前座。最後に自分自身の気持ちを伝えるために、自分に正直になって文章を書いてみましょう。
かなり悩みますが手を止めてしまうと何も書けなくなってしまうので、素直な気持ちをシンプルに書くのがおすすめです。

帯表紙の文字を選ぶ

Screenshot: シカケテガミ

あとは、帯表紙の文字を選ぶことも。推薦文が入ると、本物の絵本みたいで遊び心が出るかなと思います。

プレビュー画面

Screenshot: シカケテガミ

全ての入力が完成したら、プレビュー画面で確認が可能。これは私が入力したものですが、夫婦ともにイラストがかなり似ている気がする!
これで問題なければ、そのまま決済をして1週間ほどで自宅に届きます。

シカケテガミのよかったところ

到着! Photo: 島津健吾

こちらは、自宅に届いたシカケテガミ。Webで完結できるサービスとは思えないほど、完成度も高くて作った私もびっくりしました。
そして作ってよかったなと思ったのが、奥さんにとても喜んでもらえたということ! 日頃感謝の気持ちを口にするのはちょっと恥ずかしいところもありますが、このシカケテガミが代弁してくれたことで感謝の気持ちを伝えるきっかけができました。

世界に一つだけの絵本 Photo: 島津健吾

最初はカスタマイズするだけでは、気持ちは伝わらないんではないか? と思っていたところもありましたが、そんなことはありません。カスタマイズできることで、世界に一つだけしかない絵本を簡単に作れるということでした。
もし気持ちを伝えられていないという男性がいたら、シカケテガミで大人のラブレターを送ってみてはいかがでしょうか?
※現在は男性から女性向けにしか作れません。

今回ご紹介した「シカケテガミ」は、この記事を読んでくれた読者限定で300円オフにてご購入いただけます!

以下のリンクの販売ページにてご購入いただく際に、お支払い方法選択画面や注文確認画面でクーポンコードを入力すれば割引が適応されます。

クーポンコード:ROOASZP48B60

詳細や購入は以下のリンクをご利用ください。

>>シカケテガミの詳細はこちら

Photo: 島津健吾
Image: シカケテガミ
Source: シカケテガミ, YouTube

(島津健吾)

1

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking