ng sh

ng sh

1

いつでも身軽にでかけたい!

でも、いつでも写真は撮れるようにカメラは持っていきたい……。

そんなとき、わざわざカメラバッグを持って外出するなんて絶対に嫌ですよね。

かといって、ストラップで首からだら〜んとぶら下げておくのもちょっと不安が……。

ストラップ、扱いづらい問題…

カメラをストラップで首から首からだら〜んとぶら下げておくと、歩くたびにカメラが揺れる……。

歩きづらい上に、どこかにぶつけてしまうリスクもあります。

かといって、ストラップをタイトめに調整して斜めがけにすると、使いたいときに使えないという問題にぶち当たるんですよね……。

いちいちストラップを肩から外しているあいだに、シャターチャンスにはもう手遅れ……なんてことも。

そんな問題を、ちょっと変わったストラップが解決してくれました。

ニンジャ!?

diagnl カメラストラップ Ninja Strap テープ幅 38mm 3272円(税込)

これがそのストラップ。

その名も「ニンジャストラップ」

ナイロン製で、強度も信頼感があります。

こちらはテープ幅が幅広の38mmタイプで、もっと軽いカメラ用にも15mm幅のものもあります。

最大の特徴は、このちょっと変わった機構がついていること。

これのおかげで、ほんの1,2秒で自在に長さを調節できちゃうんです。

どうやって使うかというと…

移動時はストラップを短くしておくことで、カメラが体に密着した状態に。

これなら激しく動いても、カメラは微動だにしないので安心です。

撮影したタイミングになったら……

シュパッ! と引っ張るだけでストラップが長くなり、いつでも撮影できる体制に!

つまり、「移動モード」と「撮影モード」をいつでもシュパッ! と切り替えることができるようになるんですね。

使い終わったらまたすぐに短くして、移動モードに切り替えることができます。

持ち運び時のストレスや不安と、撮影時のタイムラグを同時に解決できてしまうんです。

実際これを使い始めてから、カメラバッグを使う回数が激減しました。

アウトドアによくカメラを持っていく人なんかには、特にオススメできそうです。

残念なところ:バックルはちょっと怖いな…

着脱しやすいように、バックルがついています。

これはこれで便利なんですが、移動中にうっかりこれが外れてしまったら……ということを考えるとちょっと怖くなります。

手ぶら外出との相性が最高…

カメラ以外の荷物をなにも持たない状態で外出すると、こんな風にカメラをうしろに回して……

背中側で固定することもできちゃうんです。

これが移動時にかなり楽……!

体の前になにもないから両手を自由に使えるし、背中にしっかりカメラが固定されている安心感もあります。

お散歩から登山まで、外出が楽しくなるこれからの季節。 このストラップでカメラも身軽に持ち運べるはず!

あわせて読みたい:


diagnal ニンジャ・ストラップ テープ幅38mm[Amazon]

diagnal ニンジャ・ストラップ テープ幅15mm[Amazon]

ng sh

1994年生、フリーランスのライター、カメラマン、編集者。

feature

たくさんの荷物を持たず、構えず、身軽に爽やかにタウンを歩く。そんなイージーなライフスタイルをご紹介。さぁ「ミニマリスト」から「ミガリスト」へ!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking