髙阪正洋

髙阪正洋

4

1989年、カナダ・ノースバンクーバーで誕生したARC’TERYX(アークテリクス)

「最高のマテリアル、最高の技術、そして革新的なデザインで商品を作り上げること」をコンセプトに、広大で過酷なフィールドに囲まれた環境下で優れたプロダクトを生み出しています。

そんなARC’TERYXのアイテムから、「クラフトな遊び心地」を掲げるROOMIEが「コレはワクワクする!」と興奮したものを定期的にご紹介していきます。

今回は、ARC’TERYX 原宿ブランドストアからお届け。

「これでもか!」と追及した、妥協ナシの軽さと可動性

ARC’TERYX 「ゼータ SL ジャケット」 43,200円(税込)

もとはハイキング時の緊急シェルとしてデザインされた「ゼータ SL ジャケット」

「ARC’TERYXの手腕が光るのは、なんと言ってもその軽さにあります」とは、原宿ブランドストアのスタッフ雨宮さん。

まずはその生地から。

ゴアテックス生地の裏面に施されたPACLITE®PLUS技術により、透湿性を維持し着心地と耐久性を向上させた超軽量素材を使用。

内側を見てみると、そこにはシームテープがびっしり!

かなり細かく裁断されているのがわかりますか? 通常は、切り返しの分だけ縫製が増えるので、重量は増し、強度も弱くなります。

ただし、ARC’TERYXはシーム加工の技術力が非常に高いため、立体裁断を駆使しても軽く強度も高いまま維持されます!

PACLITE®PLUS技術により裏地のない2層構造のため、とびきり柔らかく肌離れもしやすい

防水・透湿の高さは折り紙付きながら、その着心地は良い意味で“ゴアテックスっぽくない”ってわけです!

無駄を徹底的に省く

ポケットの止水ジップには、本来あるはずのジッパーガレッジ(ジップを閉めたときにファスナー部分に被さる“フタ”の部分)が見当たりません

これはRS™スライダーという規格で、実はARC’TERYXがYKKと共同開発したジップなんです!

無駄な部品を徹底的に省くことで、こちらも軽量化に一役買っていますよ

いやはや、その軽量化へのこだわりは、余程のもの。

ただ、いくら軽量と言ったって、本当に実感できるほど軽いの? どうなのよ? と、いざシェルを手に取ってみると、「ホ、ホンマや……!」と思わず漏らしてしまうほど!

信じられないという方は、一触にしかず、ひとまずお店へGO!

“らしくない”カラーリングがウリなのさ!

もうひとつARC’TERYXらしさを語るとしたら、そのカラーリング。

この日着てもらったのは、「ロボティカ」と呼ばれている青みがかった灰色のような、なんとも形容しがたいカラー。

ARC’TERYXは、色の名付けが特徴的なんです。「ゼータ SL ジャケット」には、ほかにも“ラヴィリンス”や“ユーコン”など、ユニークなネーミングの全6色が揃っていますよ

いかにもアウトドアライクなカラーリングのウェアは好きじゃない、という層にも支持されているというこのカラーたち。

自分のスタイルに合うアウトドアウェアが見つからないという人は、ARC’TERYXに答えがあるのかもしれませんよ!

アウトドアビギナー御用達

ARC’TERYXのシェルにもさまざまある。なかでも「ゼータ SL ジャケット」は、どういった人にオススメなんでしょう?

「ちょっと、山をはじめてみようかな…」という方に選ばれることが多いですね。シェルだけでも8、9種類あるなかで、「ゼータ SL ジャケット」は最もコスパに優れているモデルと言えます。

防水性や軽さを備えていながら、着丈の長さやウエストのラインがいまっぽくて洗練されているので、山とタウンどちらにも対応してくれる1着です

たしかに、これからアウトドアに挑戦するひとにとって一番のネックは、ウェアやギアを一式揃えること。

そんなとき、フィールドでも街でも使えて、かつ、そこまで値段も張らないアイテムがあると助かります。

せっかく外出が気持ちいい時期になってきたから、「ゼータ SL ジャケット」を着て外に繰り出してみようかな!

ゼータ SL ジャケット [アークテリクス オンラインストア]

あわせて読みたい:



Photographed by Kenya Chiba

髙阪正洋

ファッション、ライフスタイルまわりで、編集・ライターのいろはを学び、ひた走る日々。いつの日かROOMIEアイス部員に抜擢されんと、就寝前のアイスが20年以上やめられないでいることをココにしかと明言しておく。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking