haco

haco

4

具だくさんのうどんが食べたいけど、いくつも鍋を出してお湯を沸かすのはめんどうだし、ガス代ももったいない

コンロの数も限られているから、なるべく効率よく料理をしたいものです。

そんなときに役立つ、ちょっと変わったザルを発見しましたよ!

同時に2つゆで分けられるザル

家事問屋 「茹で分けザル」 1,000円(税別)

こちら、家事問屋で見つけた「茹で分けザル」

ひとつの鍋で2種類のゆで物ができる、便利なアイテムです。

これを使うと料理の時短になるだけでなく、鍋の洗い物が減ったりガス代が節約できたりと、いいこと尽くめ!

鍋に引っかけて一緒にゆで分け!

使い方はシンプル。

取っ手の下についた突起を鍋に引っかけて、ゆでたい具材を入れるだけ。

こうすることで、ゆで時間がちがう2つの食材が鍋の中でまざらず、同時にゆでることができちゃうんです。

もともとゆでているお湯の中に入れるだけだから、新たにお湯を沸騰させる手間もなくてラクチン!

取っ手が長いから、麺の湯切りもしやすいです。

大きさは、だいたいひとり分の麺が入るくらい。

残念なところ:大きい鍋だとうまくいかないことも

少しだけ残念なのが、鍋に入れる水の量が少ないと、食材がお湯に届かないということ。

そんなときは、具が浸るくらいの深さまで水を入れるか、小さめの鍋に変えるのがよさそう。

どちらにせよ、もうひとつ鍋を使うよりも、水・ガスが節約できることは間違いないですね。

あっという間に具だくさん!

麺と野菜を同時にゆでたら、あっという間に具だくさんのうどんができました

さらにもうひとつ買い足せば、もっと多くの具材を同時にゆでることもできちゃいますね。

使い方は工夫次第でどんどん広がりそう。

毎日のお昼ごはんに困りそうな今度の10連休も、「茹で分けザル」が大活躍してくれること間違いなしですね!

茹で分けザル[家事問屋]

あわせて読みたい:



haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking