sato

sato

1

春になったら買い足すもののひとつが白Tです。

定番と呼ばれる白Tにもいろいろありますよね。

私の中での定番は、プチバトーの白T。そのワケを紹介します。

フランス生まれの白T

プチバトー クルーネック半袖Tシャツ 2,700円(税込)

こちらがそのプチバトーの白T。

こんな風に箱に入った姿がおなじみですよね。1893年にフランスで誕生したプチバトー。

ベビーから大人まで、肌着から普段着まで、着心地がよく上品なウェアをつくっています

インナーにも1枚でも

プチバトーの白Tは、程よくフィットするリブ編み素材細身で長めのボディが特徴。

首回りの詰まり具合も絶妙です。

生地厚めのパリっとした白Tも人気ですが、プチバトーの白Tはそれの逆をいくタイプ

この柔らかくてフィットする素材のおかげで、インナーとしても大活躍。

カーデガンを羽織ってもスッキリ。

同じフランス生まれ、セントジェームスの首元からちょこっとのぞく感じも気に入っています。

夏になったら1枚で。

裾が長めなのでウエストにINしたスタイルにぴったり。

カジュアル過ぎず、コーディネートをまとめてくれます。

幅広いサイズ展開

XXS~Lまで幅広いサイズ展開もポイント。

どんな体型の人も、いちばんキレイにみえるサイズを見つけることができます。

大きめをザックリ着るというより、付かず離れずフィットするサイズを選ぶとこのTシャツの良さを活かせますよ。

残念なところ:中身の確認がしづらい

箱入りなので、店頭で素材感などを確認したい時は一度箱から出す必要があります。

プチバトーの店員さんは、「どうぞ自由に出してみてくださいね」と言ってくれるのですが、正直ちょっと面倒です……。

でもこの箱入りがプチバトーらしくて、好きなところでもあるんですよね。

お気に入りの白Tを見つけよう

私はコレという白Tがクローゼットに数枚あるだけで、春夏のコーディネートが数倍ラクちんに

カジュアル過ぎない白Tを探している人は、プチバトーもぜひ試してみてくださいね。

クルーネック半袖Tシャツ[プチバトー]

合わせて読みたい:



sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking